ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その24 マニラ空港乗り継ぎは5時間見るべし ターミナル3はなにげに充実

マニラ空港のターミナル2から3まで非常にスムーズに乗り継げたのだが、それでも乗り継ぎに確保していた5時間はやはり必要だったという話。

 

8時40分

f:id:much_too_romantic:20190212151631j:image

定刻なら離陸しているが、平常運行で遅延。誰も何とも思っていない。

 

9時15分 乗り込み

f:id:much_too_romantic:20190212151722j:image

思ったよりきちんと列ができていた。その後機内でやや待たされ、定刻より1時間遅れて出発。

 

f:id:much_too_romantic:20190212152011p:image

 

9時29分 出発

10時52分 着陸

定刻より57分遅れだったそうです。定時運行がむしろレアケースのようだ。

 

 

11時 沖止めの飛行機からバスへ

f:id:much_too_romantic:20190212152055j:image

日本と違い、全員座らせて運ぶのでバスが何台も来る。その分時間がかかる。

 

11時30分 荷物受け取り

f:id:much_too_romantic:20190212152158j:image

ターンテーブルに着いてから荷物が出てくるまで15分。こんなもんでしょう。ターンテーブルのそばにはきちんと案内がある。

 

12時 フィリピン航空のシャトルバスに乗って出発

 

f:id:much_too_romantic:20190212152322j:image

荷物を受け取り出口を出て右に進むと、全日空、フィリピン航空、エティハド航空の国際線利用者のみが乗れる、フィリピン航空運行のターミナル1、ターミナル3行きシャトルバス乗り場の入り口がしれっとある。

 

到着ロビーには特段の表示がないので、気づいた人のみが恩恵を受けられる。まるでゲームの隠しアイテムのようだ。もっとアピールしてほしい。。

 

f:id:much_too_romantic:20190212195016j:image

警備員にフィリピン航空に乗ってきたこと、ANAに乗る旨をアピールして入れてもらう。確認のため、フィリピン航空のボーディングパスを渡すので、半券をなくすと中に入れないと思われる。5分ほど待ち、12時ちょうどにバスは出発した。

 

12時15分  ターミナル3に到着

空港内部を通り、まさに定時で到着。ターミナル3の三階にある出発ロビーへはエレベーターでもエスカレーターでもなんでもいける。ここまでくるとさすがにほっとする。

 

12時30分 ANAカウンターで手続き完了

オンラインチェックインをしていたのに、気が抜けて確認せずパッケージドロップでなくチェックインの列に並んでしまったので時間がかかった。

 

これ以上なくスムーズなターミナル移動だったが、それでも着陸から乗り継ぎ便手続き終了まで1時間半かかった。フィリピン航空運行のシャトルに気づかず、一般客と同じシャトルに乗っていたら、さらに小1時間は余計にかかったはずだ。

 

飛行機の遅延を1時間見ておくとすると、トランジットに4時間しか取っていなかったらなにげにカツカツだ。遅延が1時間を越すことだって珍しくなく、となるとやはり5時間ないと安心できない。

 

ちなみに悪評高いマニラ空港のターミナル3は何気にとても充実していた。

 

4階のフードコートで行きと同じくアーミーネイビーのハンバーガーを食べる。出国手続きもそれほど並ぶことなく、免税店エリアへ。

 

f:id:much_too_romantic:20190212195454j:image

サムソナイト、ロンシャン、トゥミ、グッチの免税店があった。妻が以前から探していたロンシャン70周年記念の限定カラーのトートバッグがあり、120ドルで購入。日本より数千円やすいらしいです。

 

f:id:much_too_romantic:20190212195430j:image

おみやげもベルギー製チョコが20パーセントオフだったり、お求め安いフィリピンのお菓子だったり思いのほか充実していた。シアトルコーヒーもあったりして、フライトまでのちょっとした時間を過ごすには十分でした。

 

f:id:much_too_romantic:20190212195512p:image

NH760は定刻で出発。機内には有料Wi-fiが飛んでました。夕食の鶏肉料理は品切れで魚しかなかった。機内ではゴルフの2012年ANAオープンダイジェストに見入ってしまいました。

 

f:id:much_too_romantic:20190212195524j:image

往路から妻が目をつけていた機内免税品のジルスチュアートの口紅を購入。とてもお得だそうで、たしかに売れ筋ナンバーワンらしい。

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その23 日本のODAが作ったマクタン空港

定刻8時40分のセブ発マニラ行きのフィリピン航空に乗るのに、シャングリラを何時に出ればいいのか。

 

オーシャンラウンジで相談したら、3時間前に空港にいないといけないから、5時半のシャトルに乗れという。ちょいと早すぎねえかにいちゃん、と意見したら、おれたちはこう勧めるけど、決めるのはあなたたちだと自己責任論を持ち出され、大人しく従うことにした。

 

f:id:much_too_romantic:20190212142156j:image

シャングリラでお持ち帰り朝食を用意してくれた。

 

5時半発のシャングリラのバスに乗り、6時前に国内線ターミナルに到着。シャングリラのシャトルは特権があるのか、途中から空港敷地内の物流関係の道路を通るので空港周辺の渋滞を避けられる。道中このあたりは新木場感があった。

 

f:id:much_too_romantic:20190212142425j:image

セブ島の英雄、ラプラプさん。

 

f:id:much_too_romantic:20190212142500j:image

セプパシフィックが使う北側のターミナルの方が賑わっている。

 

フィリピンは空港内に入るのにセキュリティチェックがあり、治安の悪さは全く感じなかった。オンラインチェックインをしていたので、すいているカウンターで荷物を預けて終了。6時半のバスで全く大丈夫だった

f:id:much_too_romantic:20190212142719j:image

マクタン空港は日本のODAでできたらしいです。マニラ空港第二ターミナルの荷物受け取り場にも同じプレートがあった

 

f:id:much_too_romantic:20190212142858j:image

トイレは男性、女性、車いすと分かれていて標示がわかりやすい

 

f:id:much_too_romantic:20190212143009j:image

搭乗口が8から7、やっぱり8に戻ったが特段のアナウンスもない。そしてしれっと35分遅延。 

 

さて、魔のマニラ空港、第2ターミナルから第3ターミナルへの乗り継ぎはいかに??

 

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その22 旅の支払い総決算

シャングリラオフィシャルサイトで予約したので、部屋代もまとめてチェックアウト時に精算でした。142,189.25ペソ。1ペソ約2.1円ちょいなので、約30万円でした。

 

このほか、フィリピン航空やANA、現地での買い物、免税品お買い上げなどで、全部で40万円くらいでした。

 

シャングリラ内訳

部屋代 131,956.25ペソ

オーシャンクラブルーム5泊。8日までと9日以降で一泊の料金が違った。

f:id:much_too_romantic:20190212092554j:image

最後の夜、花火が上がってました。シャングリラがあげてるわけではないようです。

 

 

ルームサービス 760ペソ

初日夜のフィリピン焼きそばとフライドポテト。

 

ミニバーのサンミゲル3本(MB) 480ペソ

SMで一本40円でしたが、部屋のミニバーは1本160ペソでした。

 

 

ゴルフ代 7000ペソ

1回1人700ペソ。最終日は朝夕と二度やりました。芝生がふかふかで楽しかった。

 

虫除け薬 265ペソ

ジェルタイプ。独特の匂いがした。

 

SMモールへのシャトルバス 300ペソ

明細が書いてないが、2人で往復利用したので、1人片道75ペソと思われる。タクシーで値段交渉して消耗するよりこっちでよかった。

 

ビリヤード2回分 578ペソ

定価は1回340ペソだが、オーシャンクラブルームに泊まっていたので15パーセント割引になった。

f:id:much_too_romantic:20190212092646j:image

室内でやっても、オープンエアなトレジャーハウスでやってもお値段は同じです。

 

ブリーズランチ 850ペソ

f:id:much_too_romantic:20190212092754j:image

最終日の昼にビーチで食べたチキンバスケットとオレンジ&マンゴースムージー。1000ペソだったがこちらも15パーセント割引になった。

 

シャングリラ以外

 

フィリピン航空マニラセブ往復 約25,000円

 

ANAマイル特典航空券諸費用 25,800円

 

現地での買い物 6,000円プラス1200ペソ

SMモールで買ったサンミゲル一本40ペソとか、シャングリラの屋台で現金購入した子供たちへのお土産500ペソとか、今回は大幅に安く済ませたセブ空港購入のおみやげ一個160ペソとか。

f:id:much_too_romantic:20190212092810j:image

いつもニコニコ現金払いのマクタン空港チェックインカウンター前の売店。でも空港にしてはとても安かった。

 

妻の免税品 26,000円くらい

羽田で買ったエスティーローダーのファンデーションはとてもお得だったらしい。あとはANA機内でのジルスチュアートの口紅。

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その21 晴天のビーチに藻が出現

f:id:much_too_romantic:20190211131436j:image

この旅で一番の青空です。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131529j:image

妻撮影。俺たちの陣地はがっちり日差しを避けてくれる。

 

月、水、金は無料でくれる魚のエサを持ってシュノーケル。魚に猛烈に求められている感があった。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131710j:image

シュノーケルから戻ってくると、砂浜に大量の藻が押し寄せていて、バイト君?が一生懸命片付けていた。気象の関係か海の汚染の関係なのか、シャングリラのビーチでは初めて見た。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131816j:image

それにしても好天だ。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131849j:image

パラソルがでかい。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131936j:image

ビーチの入り口。

 

f:id:much_too_romantic:20190211131954j:image

かえりたくないなー。

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その20 夜のビリヤード

f:id:much_too_romantic:20190211134331j:image

下弦の月が映える。

 

f:id:much_too_romantic:20190211134445j:image

妻もおれも四半世紀ぶりにホテル内のゲームコーナーでビリヤードしました。1時間350ペソ。2人とも超ヘタクソで、ナインボール2ゲームしか終わらなかった。

 

ゲームコーナーはカップラーメンやスナック、ビールが飲めるスペースがあり、安く済ませるならなにげに穴場かもしれない。

 

f:id:much_too_romantic:20190211134619j:image

あまり縁のないメインプールとメインウイング。夜でも中国人客が何人か泳いでいる。

 

f:id:much_too_romantic:20190211134759j:image

部屋から夜明け前、朝5時半過ぎのプールを望む。ショートコースはここからでは見えない。

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その19持って来ればよかったもの、持ってこなくてよかったもの

f:id:much_too_romantic:20190210183046j:image

昼は部屋でカップラーメンとビールを飲み、夕方まで寝ていた。

 

備忘録を兼ねて、もってくればよかったもの

 

・人数分のスマホ充電ケーブル

妻もおれもiPhoneなので一つ持ってきたが、なにげに電池の減りが早い。フィリピンは日本も電圧は違うが充電器はそのまま使える。

 

・100均の保冷バッグ

日本で海に行く時と同様に、氷とビールを入れてビーチに持っていくため。

 

・虫除けスプレー、虫刺されの薬

妻はゴルフのショートコースにいたアリに噛まれれたところが赤くなっていた。

 

・ワンピースたくさん

ジーンズなども持ってきたが、ワンピースの方がリゾート感があって快適に過ごせるらしいです。

 

・シュノーケルの水中メガネ用のくもりどめ

モノによっては曇りやすいので。

 

持ってこなくてよかったもの

・おれのTシャツなどたくさんの着替え

汗をかくのはゴルフくらいで、朝夕は湿度が低いのでそれほど着替えない。

 

f:id:much_too_romantic:20190210184224j:image

かえりたくないなー。

 

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その18 持ってきてよかったもの

f:id:much_too_romantic:20190210181700j:image

100均の折りたたみハンガーとラッシュガードの替え。前回の経験から、ラッシュガードは海中用、ビーチサイドで寝転ぶ用に分けた。

 

特に午前中陽が出ていないと、海から上がってそのままでは意外に冷えるので。

 

滞在4日目は早朝ゴルフの後、7時半過ぎにビーチサイドの陣地を確保し、クラブラウンジで朝食を食べて9時にビーチに繰り出した。

 

前日に透明度も魚の数も物足りなかったシュノーケル、きょうはとても綺麗だった。海の中は朝一番に覗くに限るのかも。

 

f:id:much_too_romantic:20190210181915j:image

 

陣地はパラソルより、奥側の東屋が日差しや通り雨を避けるには良い。きょうはロシア人親子連れ、中国人老夫婦がお隣さんで、静かに過ごせました。

 

あと持ってきてよかったものはゴルフ用ミニポーチとティービオフェルミン、バンドエイド、爪切り、サロンパスサロンパスカヤックとゴルフをしすぎた妻が左腕に貼っていたいいたいといっている。