ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セトリばれあり:佐野元春 and The Hobo King Band Billboard Live‘Smoke & Blue 2017' @ビルボードライブ東京 2017.11.21 2nd

DXシートDUO 22,920円(2人分)

 

 

f:id:much_too_romantic:20171122203540j:image

ビルボードにお一人様でなく、二人で来るのは初めてだった。ちょっと気取ろうと、山形屋で作ったスーツを着て、妻に結婚前にもらったネクタイを締めてきた。職場で「なんでそんなぱりっとして格好してるの?」と上司に聞かれたので「ぱりっとしたところに行くんで」と答えた。

 

f:id:much_too_romantic:20171122203609j:image

六本木ヒルズで妻と合流し、火鍋を食べてビルボードへ。どこからどう見てもちゃんとしたデートだ。妻は「結婚して初めてのデート」とか事実に反することを言っているが、たしかに仕事終わりのデートに限れば、野球観戦以外ではそれほどない気もする。

 

f:id:much_too_romantic:20171122203622j:image

DXシートは半個室になっていて、プライベート感は申し分ない。そしてなにより、音がものすごくよかった。いつもフロア席かカジュアルの天井桟敷かどっちかだったんで、この場所に音を合わせているのかと。そして、歌唱中にマイクのボリュームやミックスに細かく注文をよく出している元春が、この日はまったくそういうそぶりを見せずご機嫌な様子だった。

 

<セトリ>

01.Do What You Like

もう5年目に突入したビルボードではおなじみ。

02.トーキョー・シック

雪村いずみさんの登場はなく、ソロで歌ってました。

03.ハッピーエンド

佐野元春史上最高のツアーだったと独断で認定している、sweet16発表後のsee far miles tour part2でもやらなかったはず。たぶんライブで初めて聴いた。アレンジがこなれてない気がしたのは聞き慣れなかったからか。

04.僕にできること

前回のビルボードでは冒頭で音程が下がっていくところがばちっと決まってかっこよかった記憶があった。この日もそれなりにかっこよかった。

05.迂闊なことは言えない

ビルボードのための新曲。「ロマンチックじゃない」と前振りしていた。前回の30万円のバッグを持つ女性の歌とは大違いだった。

06.エンジェル・フライ

これもビルボードでは定番になりつつある。stones and eggsは長い間、ほとんど聴く機会を持つことのないアルバムだったが、昨年リマスター盤を購入し、こんなにいいアルバムだったのかとびっくりした。

07.ナポレオンフィッシュと泳ぐ日

鍵盤主体のアレンジでとてもよかった。この日のハイライト。

08.ブルーの見解

佐野元春のライブ初体験だった、ナポレオンフィッシュツアーの横浜スタジアム公演を思い出した。あれから何十年たってもベイスターズ佐野元春が元気でいてくれて、俺も好きでいられることは本当に幸せだと思った。

09.レイナ

妻が終演後「レイナがとてもよかった」と言っていた。歌われている情景が妻に重なるような気がする。「話したいことは山ほどあるけれど ここで暖かいお茶でもどう?」っていえる男になりたい。

10.約束の橋

笠原あやのさんのチェロが素晴らしかった。

11.こんな夜には

セトリ表みて一瞬なんのこっちゃと思ったが、要するに夜のスウィンガーのことだった。これもビルボードでよく盛り上がる曲。

12.最新マシンを手にした子供達

サビをこの通りに日本語で歌っていたのだが、sweet16の原題からは「陽気な」が抜けていた。1992年のsweet16発表当時、子供たちが手にしていた最新マシンってなんだったんだろうか。今ならスマホか?

13.ヴァニティ・ファクトリー

こちらはサビをカタカナのまま歌っていた。まあそりゃそうよね。vanity、ってこの曲以外で単語として出会ったことがない気がする。

14.アイム・イン・ブルー

サムデイ名盤ライブを思い出した。いつものビルボードより曲数が多かった気がする。ビルボードは基本的に70分、とどこかで読んだ記憶があるが、この日は終演が22時50分だった。

 

いつものライブももちろんいいが、ビルボードは特に元春には合っている気がする。大人の特別な空間を大いに楽しみました。

f:id:much_too_romantic:20171122203658j:image

 

 

 

 

ベイスターズビール4本セット 2017CSチャンピオン記念ラベルを購入

f:id:much_too_romantic:20171121154549j:image

 通常ラベルと比べると「YOKOHAMA DeNA BAYSTARS」の文字が抜けているんですね。4本で2800円也。

 

f:id:much_too_romantic:20171121154646j:image

味も売り子さんも、ベイスターズエールの方が好みです。

 

thepage.jp

2016年は8月までで1億円の利益があったそうなので、2017年はロペスの給料をまかなえるくらいになってるんだろうか。そこまではいかないか。

 

セトリバレあり:the pillows RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1 @CLUB QUATTRO 2017.11.8

整理番号177番(FC先行) 4,320円 18時15分開場、19時開演

 

f:id:much_too_romantic:20171109193144j:image

17時すぎにいそいそと職場を後にしようとしたら、同僚女性から「ハマスタですか」と声をかけられた。「いやシーズン終わっちゃったんで。。」と去ろうとするとさらに食い下がってきたんで「実はライブです」と説明。遊びに行くのが顔に出てたみたいだ。。ピロウズ知ってます、と言われて長くなりそうだったのでさくっと辞去。

 

f:id:much_too_romantic:20171109193120j:image

クワトロ、開場待ち時に五階のあの狭いスペースに400番まで入れるってどんな運営なんだってイラついてる人多数だった。ライブ開演時並みのおしあいへしあい。今までこんなことなかったし、クアトロなんか人さばくの慣れてるだろうし、なんであんなことになったのかなぞだ。

 f:id:much_too_romantic:20171109193203j:image

このツアー人気があるようで、ひさびさに全会場ソールドアウトとのこと。

 

<セトリ>

01.STALKER
02.TRIP DANCER
03.Moon is mine
04.彼女は今日

オリジナルアルバム全曲演奏ライブの前半は、Please Mr.Lostman。「アルバム再現ライブ」とは違い、曲順を一部入れ替えていた。そうだったけな、と思って聴いていたのでその時はあまり気づかず。

05.GIRLS DON’T CRY

06.ICE PICK

前半のセトリでは一番印象に残った。さわおさん昔より歌がうまくなったんだなと思える曲だった。

07.ストレンジカメレオン
08.Swanky Street
09.SUICIDE DIVING
10.Please Mr.Lostman

このアルバムはライブ映えするというより、悲壮な決意をじっくり聴かせるような曲が多く、盛り上がると言うより、異動して1カ月の自分の環境も踏まえ、いろいろ思うところが多かった。

11.Hello,Welcome to Bubbletown’s Happy Zoo(instant show)
12.Blues Drive Monster
13.アナザーモーニング
14.ONE LIFE

MCでさわおさんが「LITTLE BUSTERSって曲順変だよな」と同意を求めてきた。おれも変だと思う。ハッピーズーからのブルドラでいいんじゃないでしょうか。

15.THAT HOUSE
16.Nowhere
17.Black Sheep

ライブで初めて聴いた。今ツアーはこのクアトロの1本だけなので、もう二度とライブで聴くことはないと思う。

18.パトリシア

ほほえましい佳曲だけど、この2人って学生か卒業したてのころの半同棲しているカップルで、物語のなかを生きているうちはいいけど、そのうち生活といううすのろに蝕まれて別れの時期を迎えるんだろうな、と以前から思っていた。それを俺は「終わり感」と表現し、この日のライブで同じ事を思った妻は「おままごとでつきあってる」と終演後に表現していた。まあ俺も妻も、若かりし頃は過ぎ、いまは責任あるリアルな世界で生きてるからなあ。繰り返しだけど、ほほえましい佳曲だとは思う。

19.like a lovesong(back to back)

それはきみのうた。

20.ハイブリッド レインボウ

妻が常々「この曲でぐっときたことがない」と評する歌。おれは初めて聴いたとき、radioheadのcreepみたいだなあと思った記憶がある。この日のライブで妻がどう感じたのか確かめるのを忘れた。

21.LITTLE BUSTERS

en#1

01.僕の友達

「小中学校時代の友達を歌った歌」とMCがあった新曲。良くも悪くもなくニュートラルな意味で、そうかさわおさん若く見えるけど48歳なんだよな、と思った。

02.cherry

ライブで初めて聴いた。どうにも聞き覚えのない曲だと思った。これも二度と聞くことはないのかも。

en#2

01.About A Rock'n' Roll Band

ダブルアンコで出てきて、黒ラベル片手にゆるいMCしている間に21時20分が過ぎ、塾帰りの長女を迎えにいかなくてはいけない俺たちはタイムアップ。5階からブックオフの階段を降りているところでこの曲が始まった。ブックオフの階段にいると2階でもかなり音漏れすることが分かった。

 

逗子、鎌倉をドライブ

f:id:much_too_romantic:20171115102928j:image

 

日本シリーズ第7戦がなくなったので、国道134号を逗子からずっと走り、茅ヶ崎で引き返してオニオングラタンスープ飲んで帰ってきた。夕日がきれいだった。

 

○5-4ソフトバンクホークス @横浜スタジアム 内野指定席C 2017.11.2 日本シリーズ ベイスターズ観戦記

1塁側内野指定席C 7段349番 券面額5,600円

 

f:id:much_too_romantic:20171103150447j:plain

いままで記憶にない、筒香とヤスアキのダブルヒロイン。マンガにしたら出来すぎすぎて編集者からダメだしくらいそうな展開だった。昨年のCSファーストステージ第3戦に続く、一生ものの試合になった。

 


昨年のCSファーストステージ第3戦のCS決勝打、そして今年のまさかのサイン確認からのエラー誘発を見て、まさに横浜の守り神、これを買ったとたん志望校に合格、宝くじにも当たり、身長も伸びてお肌もツヤツヤ、幸運が舞い込んで今ではあの頃の悩みがウソのように!(コピーライト、けいおん田井中律さん)ってなる気がして、この試合後、ついに嶺井ユニを購入した。これで長女も志望校合格間違いなさそう。

 

第3戦はDB応援席、第4戦はバックネット寄りの三塁側内野指定B、そしてこの第5戦は1塁側内野指定Cで見たが、意外にも三塁側より一塁側で聞く方が、相手の応援の声がダイレクトに響いてきた。

 

一塁側内野指定Cは当然楽しかったが、FC会員はゴールドプラスでもベーシックでも同じ土俵で抽選で、かつプレイガイド先行もやはり抽選だったので、レギュラーシーズンに比べて周辺のお客さんの「濃さ」がやや薄まっていたように思う。

 

もちろん大いに盛り上がったことは確かで、様々な客層を取り込まなければいけないところが難しいが、ゴールドプラス会員の当選確率を上げるとか、多少考えて欲しかったかな、とも思った。来年はCSからハマスタでやりたいものです。 

 

f:id:much_too_romantic:20171103151126j:image

ハマスタで連勝し、2勝3敗に戻して再び福岡決戦。てか、チームは3日に福岡に移動すると思うんだけど、三連休の初日でこんな団体様の飛行機のチケットあるんだろうか。ホテルとか移動手段とかって、ずっと前に押さえておくものなのかもしれんが。

 

f:id:much_too_romantic:20171103151139j:image

三井住友銀行ゆるキャラみどすけと仲良しになったスターマン

 

 

f:id:much_too_romantic:20171103151150j:image

三井住友銀行って日本シリーズの冠スポンサー代にいくら払ってるんだろうか。そしてそれでなにか効果あるんだろうか。。NPBのメインバンクとかなのかな。

 

f:id:much_too_romantic:20171103151212j:image

なんとなくベイスターズファンになったっぽいみどすけ 

 

 

f:id:much_too_romantic:20171103151223j:image

ベイスターズ感しかない、みなとみらい線日本大通り駅。構内に流れる「熱き星たちよ」のジャズバージョンはかっこいい。 

 

digital.asahi.com

 

www.asahi.com

 

www.youtube.com

 

 

○6-0ソフトバンクホークス @横浜スタジアム 内野指定席B 2017.11.1 日本シリーズ ベイスターズ観戦記

内野指定席B 36段130番 6,200円

 

f:id:much_too_romantic:20171102155114j:image

三塁側ながら、DB専用応援席だった第3戦よりバックネット裏に近くなり、周囲も大いに盛り上がっていた。ホークスファンも3連勝のあとで余裕だったのか、ハマスタ名物を体験すべく、ヤスアキジャンプをしている人が多数だった。

 

www.youtube.com

 

 

 f:id:much_too_romantic:20171102155143j:image

 三塁側FA中央部あたりに黄色い風船の列が見える。その1列はソフトバンク株式会社さまが確保していたんだろうか。

 

f:id:much_too_romantic:20171102155159j:image

この1年、妻がユニとタオルで応援していた桑原に待望のシリーズ初ヒット。ハマスタの雰囲気を一気にアゲアゲにした。第2打席の安打後牽制死はずっこけたが。俺は今季番長で通したので、来季は嶺井、浜口あたりを買ってみるかな。

 

f:id:much_too_romantic:20171102155243j:image

浜口が八回一死まで無安打投球で、なにより気持ちが伝わってきて素晴らしかった。外れ外れ1位ながら、ベイスターズに指名されたときは涙を流して喜んでくれた男が、1年後、この大舞台でやってくれるとは。

 

f:id:much_too_romantic:20171102155311j:image

前日同様、仕事のメールを気にしながらの観戦だったんだけど、翌日、社内別部署の女性に「昨日ハマスタにいましたよね!」って声をかけられた。。

 

職場の仲間で来てて、おれの斜め後ろに座ってたらしく、さんざんハイタッチした後「あの人そうだよね?」って話になっていたらしい。社内の星覇会立ち上げの日も近いか、ってもうあったりして。異動してからというものの、メールを気にせず観戦できたことがない気がする。

●2-3ソフトバンクホークス @横浜スタジアム DB応援内野指定席B 2017.10.31 日本シリーズ ベイスターズ観戦記

DB応援内野指定席B 34段224番 券面額6,200円

 

f:id:much_too_romantic:20171101160415j:image

いつもは陸の孤島感があるDB応援席だが、さすが日本シリーズ、対戦相手が横浜から遠い福岡のチームということもあり、ハマスタはレフトスタンドの一部を除き、ほぼ青かった。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160456j:image

しかし周囲からはCSパブリックビューイングのような必死感が伝わってこず、応援そっちのけで「この外国人選手はピッチャーなのに打つから人気あるんだよ」などと連れの女にうんちくをひたすら話す男や、そもそも野球自体に興味あまりなさそうな、金だけは持ってそうな男と同伴出勤前のお姉ちゃんらしきカップルとか、物見遊山客がとても多い印象だった。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160513j:image

観戦初心者みたいな人はもちろんレギュラーシーズンでも周囲にいたが、その人たちは一様に応援を楽しんでいた印象があった。国民的行事にうっかり出てしまった結果なのか、スターサイドのDB応援席っていつもこうなのか、いつもと雰囲気が違った理由がよくわからない。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160535j:image

このゲートは交流戦時の使い回しっぽい。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160552j:image

これはさすがにいらないなー。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160613j:image

大人気の特設グッズ売り場。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160630j:image

ひたすら各所との調整に追われる仕事を強引に終わらせて試合開始直前に来たため、とても買えず。ネットで買うことにする。

 

f:id:much_too_romantic:20171101160829j:image

日本シリーズ仕様で、ディアナのお姉さんの代わりに炎で選手登場

 

f:id:much_too_romantic:20171101160803j:image

試合は1回に桑原、梶谷が四球で出るも、2人とも盗塁失敗。桑原は日本シリーズでいまだヒットなし。これで3連敗。中継ぎ陣のがんばりで点差こそ1点だったが、だからこそ逆に、全ての部分で及んでいないということを痛感した。

 

ホークスはいつも模試で偏差値70とって当然のように合格し、ベイスターズはいつも偏差値64なのにたまたま得意分野と体調管理がうまくいって合格しちゃったけど入学先で案の定苦労している、みたいな印象だった。やはり地道に力をつけないといけません。