ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

伊勢山皇大神宮 ランドマークタワーを望んで大吉

f:id:much_too_romantic:20210111143516j:image

境内からランドマークタワーが見えます。今年初めておみくじ引いたら、いいことしか書いてない大吉でした。

 

f:id:much_too_romantic:20210111143549j:image

横浜総鎮守とのことだが、創建は明治と歴史は浅い。横浜自体、ペリーさんが来る前はただの寒村だったからね。

 


f:id:much_too_romantic:20210111143541j:image

センター試験改め共通テストまであと5日という時節柄、合格祈願絵馬のお納めどころがありました。我が家も早稲田合格を祈願。絵馬は桜の形でかわいらしかったです。


f:id:much_too_romantic:20210111143554j:image

成人式当日で、晴れ着のお姉さんもたくさんいました。コロナ禍で分散開催ながら、横浜市は式を決行してました。


f:id:much_too_romantic:20210111143545j:image

季節限定書置きの御朱印のほか、直筆も再開してました。


f:id:much_too_romantic:20210111143537j:image

おみくじはなんだか縁起よさそう。

 

バブル期に宮司がホテル事業に失敗して、その後神社も破産宣告を受けたが、今では「逃げるは恥だが役に立つ」新春スペシャルで星野源新垣結衣さんが戌の日の安産参りに来るくらいの神格を取り戻しているようです。


f:id:much_too_romantic:20210111143557j:image

直筆でいただいた御朱印。妻がいただいた右側は桜のハンコの朱肉の色を間違えたのか、黒の上に赤のハンコを二重に重ね押しされていた。これはこれでレアなのでありがたくいただきました。

本牧神社 みなとよこはまの御朱印帳

f:id:much_too_romantic:20210105114729j:image

船舶信号機をあしらったマリンカラーの横浜らしい御朱印帳。自ら合格祈願した長女が年末にいただきました。おれも今の御朱印帳がいっぱいになったら、次はここで拝受しようかしら。


f:id:much_too_romantic:20210105114714j:image

初詣も一段落したのか、5日朝9時の境内は空いていた


f:id:much_too_romantic:20210105114710j:image

近所のお花屋さんが奉納したらしい。この地域はお屋敷の多いすてきなところですね


f:id:much_too_romantic:20210105114653j:image

長女の早稲田大学合格を祈願。緊急事態宣言が出るとのことで個別試験はちゃんとできるのだろうか


f:id:much_too_romantic:20210105114703j:image

合格絵馬は売り切れでした。土地柄なのか、他の神社より、難関校への合格祈願絵馬が多い印象


f:id:much_too_romantic:20210105114732j:image

本殿は立派です


f:id:much_too_romantic:20210105114700j:image

境内の熊野速玉社。縁結び、縁切りとも、榎木を三度回らなければいけなかったらしい。それぞれ二度しか回らなかった。。


f:id:much_too_romantic:20210105114717j:image

ゆずの北川悠仁が奉納したみたいです。


f:id:much_too_romantic:20210105114706j:image

稲荷大明神も境内に鎮座


f:id:much_too_romantic:20210105114656j:image

本牧公園を望む。本牧地区は戦後米軍に接収された名残か、道幅も区画もゆったりしている。近くにはその名も「アメリカ坂」がある


f:id:much_too_romantic:20210105114725j:image

北川悠仁ふたたび。


f:id:much_too_romantic:20210105114720j:image

御朱印は直筆でいただきました。

篠原八幡神社 「逃げるは恥だが役に立つ」ロケ地

f:id:much_too_romantic:20201231131137j:image

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のロケ地となった神社。たしかに適度な広さと周囲から視界が遮られた立地で,ロケにはよかったのかも。


f:id:much_too_romantic:20201231131132j:image

車で来るにはとてもわかりずらくしかも狭い。電車で来るべきところでした。最寄りは菊名駅か新横浜駅


f:id:much_too_romantic:20201231131148j:image

晦日ですいていた。ドラマ聖地巡礼の人もいなかったみたい。


f:id:much_too_romantic:20201231131141j:image

鳥居前の土地は12戸の宅地造成をしてました。


f:id:much_too_romantic:20201231131144j:image

御朱印は何種類かのハンコを押してもらい、日付のみ手書きでした。

琴平神社 急な石段、立派な大鳥居

f:id:much_too_romantic:20201224144910j:image

琴平神社は本殿と儀式殿が別の敷地にある。


f:id:much_too_romantic:20201224144913j:image

 山坂が多い横浜に住むおれもびっくりな急勾配の階段。大げさでなく、今まで上った階段のなかでも屈指の勾配だった。


f:id:much_too_romantic:20201223234827j:image

本殿はほっとするような造り。


f:id:much_too_romantic:20201223234823j:image

儀式殿には大鳥居が設置されている。横浜と川崎の市境にある奥まったところにこんな立派な神社があったとは知らなかった。


f:id:much_too_romantic:20201223234833j:image

境内は広々しています。


f:id:much_too_romantic:20201223234840j:image

儀式殿の横の社務所で、鐵神社の御朱印もいただけます。

 

 

f:id:much_too_romantic:20201223233806j:image

琴平神社御朱印は書き置き。季節限定の寒椿バージョンでした。通常バージョンより200円お高い500円のお納めでした。よく見ると、寒椿も手書きで1枚1枚改訂くださっているようですね。

鐵神社 桐蔭学園のいまむかし

f:id:much_too_romantic:20201223234649j:image

周囲から隔絶された広大な山中に各施設が散在する桐蔭学園の敷地内に、鐵神社がある。もともと神社以外になにもなかった山を桐蔭が丸ごと買ったのか、山まるごと鐵神社の敷地だったのかよく分からない。


f:id:much_too_romantic:20201223234654j:image

センター試験改め共通テストの初年度、私大文系の長女もとりあえず受けることになり、桐蔭横浜大学が会場となった。共通テストで出願するのは第3希望以下ではあるが、第1希望の早稲田合格をメインに鐵神社におねがい。


f:id:much_too_romantic:20201223234645j:image

横浜感ゼロの桐蔭横浜大学。勉強するにはいい環境と思われる。アクセスが青葉台、市が尾、中山からのバスに限られ、試験当日は混みそうだ。

 

おれが高校生のころの桐蔭学園は東大に100人くらい合格者を出していたが、いまはどうなんだろう。中学時代の担任に、校風がお前には合わないから桐蔭はやめとけと言われたのを思い出した。

 

f:id:much_too_romantic:20201223233745j:image

御朱印は車で10分くらいの琴平神社でいただきました。

師岡熊野神社 サッカー関係者御用達の八咫烏

f:id:much_too_romantic:20201223234552j:image

2002年サッカー日韓ワールドカップで日本がロシアと対戦した、横浜国際総合競技場(現日産スタジアム)のある横浜北部の守り神で、八咫烏もデザインされている。


f:id:much_too_romantic:20201223234557j:image

日本サッカー協会エンブレムのお守りも売っていた。たしかにあのロシア戦完勝を思い出すと、御利益がありまくるに違いないと思える。


f:id:much_too_romantic:20201223234546j:image

他の神社と異なり、絵馬も「サッカーがうまくなりますように」とか「優勝できますように」とか、サッカー系のお願いが多かった。


f:id:much_too_romantic:20201223234541j:image

そんななか、学業成就の絵馬をいただき、やはり早稲田大学文化構想学部合格を祈る。

 

 

f:id:much_too_romantic:20201223233703j:image

書き置きの御朱印御朱印帳からはみ出すサイズでした。関東随一大霊験所だそうです。

岡村天満宮 合格祈願の絵馬は二枚一組、願いほどき用も

f:id:much_too_romantic:20201223234440j:image

近くにある岡村中学校出身のゆずのゆかりの神社としても有名で、壁画が残されていた。人気絶頂期にはゆずっこがたくさん来たのだろう。妻はゆずが嫌いで、特段の感想もなくスルーしていた。


f:id:much_too_romantic:20201223234449j:image

なかなか新しめの本殿。


f:id:much_too_romantic:20201223234445j:image

合格祈願の絵馬は2枚1組でいただける。願いを書いて収める絵馬と、家に持ち帰って願いほどきにする絵馬。早稲田に合格したら娘に来させようと妻と話す。

 

ただ、磯子駅からバスに乗らねばならず、アクセスはちょっと不便。長女がかつてはまっていた「文豪ストレイドックス」の主人公、中島敦がリアルで教鞭を執っていた横浜学園高校も近い。

 

f:id:much_too_romantic:20201223233638j:image

御朱印は書き置きでした。御朱印帳からはみ出ることなく張れる大きさでした。なんとなく、身近な地元の神社の筆致、という感じですね。