ライブ、野球、おでかけの備忘録

ライブ、ベイスターズ、旅行記など

スプリントの意外な落とし穴:アシックスUSサイトで発売情報入手:ガーミンのボディバッテリーとエネルギーセーブ 2024年2月のランニングまとめ

私がこよなく愛するゲルキュムラスの最新版「26」がアメリカで3月1日に発売になる、とアシックスUSサイトに出ていた。

 

www.asics.com

 

日本では全然情報が出ないので、2月25日、カスタマーセンターに「国内ではいつ出ますか?」とメールを送ったら、翌日さっそくそっけない返事が来ました。

 

まあ、情報解禁日までは、個別の質問には答えられないわよね。少なくとも日米同時発売ではなさそうですね。

 

f:id:much_too_romantic:20240226170828j:image

海外では人気があるらしいが、国内ではアシックスは特段の販促もしておらず、あまり売れてなさそうなゲルキュムラス。

 

昨年10月にアシックスランニングラボでプロネーションやランニングフォームを測定していただいたときに勧められて以来、ニュートラルで癖がなく、ほんとにいい靴だなあと愛用してるんですが。。

 

2月3日にとかしきマラソンを完走してきました。激坂のアップダウンを繰り返しているうちに18キロ地点を過ぎるというマゾ100%なコースでしたが、楽しかった。一生の思い出になりました。ぜひ再訪して、今度は渡嘉敷島に1泊したいです。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

とかしきマラソン18キロ地点の慶良間ブルー

 

船着き場で30個限定、3,000円で売っていた、上位者用と同じメダル。裏に氏名、タイム、順位を刻印してくれました

2024年2月3日開催の大会は規模を縮小していたそうで、正式名は「とかしきマラソン2023」となっていた。

 

前回は「第15回とかしきマラソン」だったが、この大会は「第16回大会のプレ大会」で、「第16回大会」には認定しないようだ。

 

どの部分が縮小されたのか、続き番号がつかないとどういう影響があるのかよくわからない。。

 

フェリー乗り場で買ったメダルは「とかしきマラソン2024」とあり、厳密に言うと違うじゃん、となるが、2024年2月に走ったんだから2024でいいじゃんとも思ったり。

 

気温25度のなか上り下りしてかなりハードで、ガーミンちゃんには翌日、翌々日ともに休息を指示されていたに、せっかくの旅ランだからと、翌日、翌々日ともホテルの周りを3キロずつゆっくり走った。

 

レーニングステータスが「プログレッシブ」から「疲れています」にかわった。

 

f:id:much_too_romantic:20240207135836j:image

HRVステータスが低くなってるのが原因のようだ。

 

f:id:much_too_romantic:20240207135857j:image

疲れていると言われるわりには、守谷ハーフマラソン4日前のメニューとして「テンポ」走を提示された。このあたりは連動していないのかしら。

 

結局、とかしきマラソン翌日、翌々日に3キロ前後ずつゆっくり走ったきり、旅行を終えて自宅に戻っても疲れが取れず、4日連続でランニングは見送り。

 

前日にガーミンちゃんの指示通りにキロ7分半で30分走り、とかしきマラソンから中7日で守谷ハーフマラソンを迎えました。

 

f:id:much_too_romantic:20240213153104j:image

絶好のマラソン日和でした。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

守谷ハーフマラソンでは、昨年11月の坂東ハーフマラソンで記録した自己ベストを9分更新しました。やったぜ、ってまだまだ初級者の域を出ない記録ですが。。

 

コースとしては坂東の方が記録が出そうな印象なので、自分の走力がけっこう上がったんだと思うとうれしいかぎりです。この調子で無理せず、けがせずに、5年、10年、15年、20年と走り続けたいです。

 

f:id:much_too_romantic:20240214114521j:image

ハーフ連戦を経て、佐倉マラソンに向けての準備モードに復帰。HRVステータスが相変わらず低い。

 

f:id:much_too_romantic:20240214123439j:image

レーニングステータスも「疲れています」が続いている。でもガーミンちゃんの今後7日間の提示メニューは以下の通り。なかなかのメニューだわ。

  • 14日 ベース:36:00@7:30/km
  • 15日 テンポ:56:00 3*10:00@6:10/km+アップ、ダウン10:00*2@7:30/km
  • 16日 リカバリー:32:00@8:40/km
  • 17日 長距離走:1:11:00@7:30/km
  • 18日 長距離走:2:19:00@7:30/km
  • 19日 ベース:40:00@7:30/km
  • 20日 ベース:40:00@7:30/km

基本はゆっくり走る、週1で長い時間走り、さらに週1でATペースで走る、というのはアシックスのランニングラボで言われた通り。

 

ガーミンちゃんはおれの能力に合わせてくれており、とかしきマラソン、守谷ハーフマラソンで手応えを感じたので、佐倉マラソンまではガーミンちゃんラブで進んでいくことにする。そのためにはけがなく病気なく元気で過ごしていきたい。

 

f:id:much_too_romantic:20240218104250j:image

2月第3週の週末は久々にハーフマラソン大会のない土日。

 

土曜日に10キロ走ったら、ガーミンちゃんのペース走指示が、キロ7分30秒からキロ7分25秒にちょっぴり速くなっていた。

 

日曜日にキロ7分24秒ペースでみなとみらい、山下公園を11キロ走って1人分割ハーフマラソン達成。写真はくじらのせなかから。気温10度だったらしいが、体感としては3月末くらいで,けっこうな汗をかいた。

 

f:id:much_too_romantic:20240218105117j:image

お父さんのお腹の上で寝るななみさん。かわいい。

 

週末朝7時台にパシフィコ通るともう物販の列ができてて、推しを推すみなさんの熱量がすごいですわ。

 

 

f:id:much_too_romantic:20240220115506j:image

HRVステータスが15日ぶりに「バランス」に戻った。

 

ハーフマラソン連戦とかその合間に旅行とかかなりの酒量になった飲み会とか、この期間もろもろあり、それが素直にデータに反映されているようだ。取り急ぎ、ハーフ連戦はよくないと思った。

 

3月24日の佐倉マラソンに向けて、ガーミンちゃんによると、2月23日から3月14日までは「ピークフェーズ」に入った。

 

「スピードを意識するワークアウトを含め、トレーニングの強度をさらに高めることが含まれます」とある。

 

サブ5できたらいいなと思ってる低速ランナーの不肖わたくしのレベルでも、スピードを意識しないといけないのかしら。ガーミンちゃん作成メニューは以下の通り。お休みが少ない。

  • 22日:スプリント 3*3*0.15@3;45/kmとアップ、回復、ダウン
  • 23日:長距離走 75:00@7:25/km
  • 24日:ベース 42:00@7:25/km
  • 25日:テンポ 4*8:00@6:10/kmとアップ、回復、ダウン
  • 26日:ベース 42:00@7:25/km
  • 27日:リカバリー 30:00@8:35/km
  • 28日:テンポ 28:00@6:10/kmとアップ、ダウン

 

f:id:much_too_romantic:20240223120154j:image

氷雨降るなか「スプリント」してきました。肉離れが怖かったが、走ってみると芝生全速力は気持ちよかった。ラグビーしていた学生時代を思い出した。

 

しかしよくよくガーミンちゃんの設定ペースと走ったデータを照らし合わせたところ、求められていたのは全速力ではなく、8~9割走だったみたい。15秒なので時計見る間もなく終わってしまう。

 

f:id:much_too_romantic:20240225132417j:image

ガーミンちゃんによると追い込み時期らしく、スプリント翌日は長距離走新横浜公園で父の母校の高校陸上部が練習していた。

 

f:id:much_too_romantic:20240225132638j:image

さらにその翌日はベース走。久しぶりに青空ラジオ体操の時間帯に走った。スプリントの筋肉痛が腿裏あたりにまだ残ってる。

 

f:id:much_too_romantic:20240228122426p:image

休足日にして、なおかつ、在宅勤務にしてエネルギーセーブに努めたところ、よく眠れて、翌朝のボディバッテリーが100になっていた。初めてみたわ。

 

しかし早朝に「無酸素走」をしたら16減り、さらに通勤と午前中の仕事で34減ってしまった。おそるべし会社だ。

 

f:id:much_too_romantic:20240228122433p:image

ガーミンちゃんの指示通りに無酸素走とかインターバル走とかしたので、走行距離そのものにはあまり意味がない気もする。

 

 

f:id:much_too_romantic:20240228122437p:image

今月も特段の痛みなく走れて良かったです。

ネコ、アジカン、金運、健康:サーフブンガクカマクラで長谷サンズ、鎌倉巡り 

f:id:much_too_romantic:20240218105341j:image

東海道線藤沢駅で降りて、江ノ電に乗車。アジカンの「サーフブンガクカマクラ」ジャケットを携えて最前車両の最前席に座った。週末午前でも、1本見送れば最前を確保できた

 

f:id:much_too_romantic:20240218105644j:image

昨年のアジカン「サーフブンガクカマクラ」ツアーはアンコールで写真撮影可能だった。このセットは七里ケ浜あたりのイメージですかね。

 

海岸名や駅名などは「七里ヶ浜」の表記ですが、高校は「七里ガ浜高校」で「ガ」になってる。地元ではないので理由がよくわからない。

 

江ノ電沿線だと、鎌倉高校も七里ガ浜高校も、おれが神奈川県立高校に在学していたときよりは偏差値がすごく上がってるみたい。そりゃあのロケーションだし自由で楽しそうだしなあ。


f:id:much_too_romantic:20240218105327j:image

ところどころで藤沢行きと鎌倉行きがすれ違う。「サーフブンガクカマクラ」では「四畳半タイムマシンブルース」の主題歌とパラレルになってた「柳小路パラレルユニバース」と「西方コーストストーリー」をヘビロテしてました。

 

しかし特に柳小路駅って、住民か関係者でなければ降りることじゃないと思わないでもなく、思った通りだれもいない、特別な恋の予感もしないのもむべなるかなという気もした。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 


f:id:much_too_romantic:20240218105313j:image

長谷サンズ


f:id:much_too_romantic:20240218105320j:image

長谷駅から極楽寺駅方面に少し戻ると、江ノ電の踏切のすぐ脇に鳥居が立っている。御霊神社。ごりょうじんじゃ、と読む。境内は撮影禁止。

 

f:id:much_too_romantic:20240218105451j:image

お守りは名誉宮司「ウッシー」の袋に入れてくれました。御朱印も猫のかわいいデザインです


f:id:much_too_romantic:20240218105334j:image

横浜の小学生はたぶんほぼ全員遠足で来たことがあるはずの、鎌倉の大仏。サーフブンガクカマクラのジャケットはこちらの大仏と江島神社をメインモチーフにしている。

 

大仏が雨ざらしで外に鎮座しているのは、昔あった大仏殿が津波で流されたからであると、どこかで習ったか聞いた記憶があり、おれもそう思っていたのだが、この説には近年、異論も出ているらしい。

www.kanaloco.jp

 

 

f:id:much_too_romantic:20240218105324j:image

「DAIBUTSU」と書いてもなんのこっちゃなのでは、と思いつつ、この看板を見れば大仏はこっちだなと一目瞭然なので、大仏って「DAIBUTSU」って発音するんだよ、と教えてあげている高度な配慮なのかも。ちなみに交差点の信号の英語表記はちゃんと「Great Buddha」になってました。


f:id:much_too_romantic:20240218105337j:image

大仏から30分ほど歩き、佐助稲荷神社に参拝。ちょうと1年前に次女の合格祈願とわたくしの仕事運向上をお祈りしていた。今年は妻が正社員になるのでメインはそちらのお願い。1年先のことなど誰にも分からない。2025年2月はどうなっているのだろう。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

 


f:id:much_too_romantic:20240218105310j:image

すてきな佐助カフェでお昼ごはん。鎌倉の喧騒を離れて落ち着いた時間を過ごせる。あまり人に教えたくないのであまりいろいろ書かない。


f:id:much_too_romantic:20240218105317j:image

佐助稲荷神社から急坂を上ると、銭洗弁財天の宇賀福神社に到着。金運向上のためには、まずもってこの急坂を登れる健康な身体でないといけない、ということなのだろう。


f:id:much_too_romantic:20240218113201j:image

24歳で肺結核で早世した樋口一葉さんの5千円札。2024年7月からは津田梅子さんに代わるので、一葉さんとももうすぐお別れですね。

 

生々しいところで、給与口座に使ってるわたくしのメインバンク三井住友銀行のオリーブカードも洗ってきました。オリーブカードかっこいいので切り替えたが、いまいち活用法がわからない、というか、活用法をわかろうとしていない現状。このクレジットカードを使う予定がないので。

 

銭洗弁財天から鎌倉駅まで歩き、横須賀線で帰ってきました。いい1日でした。

 

もりやもりと出会い、ベイスターズ帽子の女の子の熱烈応援に支えられPB更新 第40回守谷ハーフマラソン完走記

f:id:much_too_romantic:20240211195137j:image

第40回守谷ハーフマラソンに出て自己ベストを9分更新してきました!

 

つくばエクスプレス守谷駅に降り立つと、ヤクルトスワローズ大歓迎の看板。そっか戸田はいつも水浸しになってたしなあ。

 


f:id:much_too_romantic:20240211195104j:image

シャトルバスは非常にスムーズでした。


f:id:much_too_romantic:20240211195110j:image

荷物置き場の前にビニールシートでテントが張ってあり、寒さをしのげる待機場所。さすが40回の歴史を重ねているだけあり、動線や施設配置も洗練されて合理的で気持ちよかった

 


f:id:much_too_romantic:20240211195124j:image

もりやもり、というらしい。守谷市ゆるキャラだと思うんだけど、これとは別に「こじゅまる」というのもいるらしくよく分からない。もりやもりはきさくに2ショットを撮ってくれました


f:id:much_too_romantic:20240211195054j:image

開会式会場でもヤクルトアピール


f:id:much_too_romantic:20240211195131j:image

ヤクルトさんも地元に貢献する姿勢なのか、先着1,000人にヤクルトを振る舞っていました。完走者にも改めて配っていた


f:id:much_too_romantic:20240211195100j:image

スタート前、そしてゴール後もみそ汁無料配布、しかも並び直せば何杯ももらえる。かつては焼きそばも無料でもらたらしいが、経費削減なのか今年はなかった


f:id:much_too_romantic:20240211195118j:image

トイレも待ち時間ほぼなく使えました


f:id:much_too_romantic:20240211195114j:image

安定の最後尾ブロック。おれはベイスターズのソトのユニホームで出走したんだが、前方に番長の新人時代の復刻ユニの人を発見。声をかけて握手して健闘を誓い合った

 


f:id:much_too_romantic:20240211195057j:image

たむじょーさんがゲストでした。ネットとグロスで1分36秒の差があった


f:id:much_too_romantic:20240211195121j:image

大学生のガチランナーも多数出場していた。流通経大の選手が優勝したようです。

 

コースは細かいアップダウンがあり、片側1車線で、対向車線は通行規制をせず自動車が普通に走っている、なんてところもあった。アサヒビール工場の前を何度も通る。税金をたくさん納めているに違いない。ふるさと納税の返礼品などなど、守谷市にとって大事な存在だと思われる。

 


f:id:much_too_romantic:20240211195134j:image

自動車専用道路のトンネルも通る。なかなかない機会だし、気分転換になった。日差しがあたたかく、アームウオーマーを序盤で外してポケットに入れて走っていた。


f:id:much_too_romantic:20240211195107j:image

目標タイム2時間13分として、ガーミンのPaceProプランでコースを入力してペース戦略を立ててもらい、10キロまではほぼその通りのペースで走っていた。

 

しかし10キロ過ぎても身体がかなり動くので、15キロまでの5キロで少しずつ貯金を作り、さらに15キロからは坂東ハーフマラソンと同様、ギアチェンジしてガーミンペースとお別れした。

 

2時間10分切りが見えてきて、18キロ時点でさらにもう一段ギアを上げて疾走した。坂東ハーフより9分ほど早くゴール。日々の積み重ねの成果が出てうれしかった。


f:id:much_too_romantic:20240211195144j:image

ベイスターズユニ、さらに茨城の隣県の千葉ロッテに移籍したソトのユニホームで走りました。

 

13キロくらい?の沿道にベイスターズの帽子を被った女の子が応援してくれていて、熱烈に反応してくれました。こういうの着て走ると、ベイスターズ頑張れ!って声をかけてもらえていいですね。

 


f:id:much_too_romantic:20240211195128j:image

レース後は坂東ハーフのときと同じく、きぬの湯でサウナや交代浴にいそしみ、美里で鴨汁そばをいただいた。


f:id:much_too_romantic:20240211195141j:image

東京から黒塗りの車でゴルフに来た社長さんみたいな人たちがいつもいるイメージです。

旅費と備忘録:4泊5日夫婦沖縄旅行の経費と持ち物 2月の沖縄旅行その23

4泊5日夫婦旅行、特典航空券利用で23万円くらいでした。内訳と次回に向けて持って行った方がいいもの、持って行かなくていいものの備忘録。

 

初日から4日までは最高気温25度近くあり、天気に恵まれました。

 

f:id:much_too_romantic:20240208193633j:image

過去の沖縄旅行では行ったことのない地域、お店に行けて、旅行中の諍いも仕事の電話もなく、最終日に雪の首都圏に帰れるのか?というドキドキも今から振り返ればいい思い出となり、楽しい4泊5日でした。

 

<主な支出>

  • 航空券 2,440円 チケットはマイルで確保したので施設利用料のみ 

 

  • ホテル3泊(ムーンオーシャン宜野湾) 74,160円 広くてよかったです。やたら重い玄関ドア、ふろ自動にすると湯温が微妙になることさえも懐かしい

    toomuchromantic.hatenablog.com

 

  • サンエー、ユニオン、ドンキ、マツキヨ、コンビニでの買い物 約10,000円 水とかユニオンですからスタジアム脇の芝生で食べる朝ご飯とか雑貨とか

    toomuchromantic.hatenablog.com

  • 初日の宜野湾キャンプ屋台での沖縄そば 1,600円 800円×2杯

 

58号線のオブジェを買いました
  • 波上宮のおまもりやお札など 3,205円 あと5分遅れてたら受付終了だった 

    toomuchromantic.hatenablog.com

  • レンタカー 19,000円 こちらも妻が安くて評判のいいお店を探してくれた。トヨタライズ。レンタカー界では大人気車種のようで、沖縄でよく見かけた
  • ガソリン 2,322円 総走行距離300キロ弱でした

 

  • 那覇空港で爆速で買ったお土産 11,754円 首都圏は雪で帰れるかどうか心配だったが、妻の機転で搭乗便を早めることができ、登場間際にばたばた買いまくった  

    toomuchromantic.hatenablog.com

 

  • 自宅と羽田空港の往復電車、タクシー 約7,500円 帰りのタクシーの運転手さんには本当に助けられたので、Goアプリ支払時にチップもお贈りしました

 

<次回に向けた備忘録>

  • 毎度のことながら、Tシャツ、パンツを持っていきすぎ。ランドリー完備のホテルなら最小限でいい
  • 現地で水やドリンクを買いすぎ。ホテルの無料ミネラルウオーターで十分
  • 水筒は人数分持っていく。氷を詰めて、出先で適宜水を入れれば快適に飲める
  • 現金オンリーの店が多いが、ローソンATMで下ろせる。2千円札が出てきがち

    toomuchromantic.hatenablog.com

  • 100均の敷物、座布団が超絶活躍した。今旅行のMVP
  • ちょっと外出する時用のサンダルを持って行くとベター
  • 2月に行くなら基本Tシャツ、プラス薄手のジャケットで十分

また行けるといいな

雪と雷の羽田空港 2月の沖縄旅行その24

首都圏に警報級の雪が降り、予約していた便が2時間遅延、そもそもほんとに飛ぶのか、飛んだところで帰れるのかわからない。

 

とりあえず那覇空港に18時過ぎに着いた。荷物預け口にいた地上職員に、前の便への変更ができないか聞いたが、もう出ちゃってて無理です,との答え。

 

その職員は初心者マークをつけており、いまいち要領を得なかったので、妻がさくっと切り替えて別の窓口に並び、再度確認したところ、手慣れた職員が、間も無く飛び立つ便に振り替えてくれた。妻のナイスファインプレー。搭乗口近くでお土産を爆速で買って乗り込んだ。

 

f:id:much_too_romantic:20240205214931j:image

急いで発券してもらった。紙の搭乗券なんて10年以上ぶりくらいかも??

 

かなり揺れつつ羽田に着いたら、雷の影響でボーディングブリッジが使えないとかで、機内に30分留め置かれ、さらに荷物受け取りも待たされた。しかしそんなこと許せちゃうくらい、早い便に乗れてとにかくよかった。

 

雪で悪路のなかタクシーの運転手が親切に自宅前まで乗せてくれて、帰宅すると次女が自分たち用に作っていた豚汁と麻婆豆腐を俺たちにも振る舞ってくれた。いい旅行でした。

波上宮の授与所は午後5時きっかりに閉店 2月の沖縄旅行その23

3f:id:much_too_romantic:20240205210341j:image

我が家の神棚に飾っていた神札や、合格祈願お守りなどを納めに波上宮へ。

 

それらを一式、最初の宜野湾のホテルに忘れてきており、行きがけに寄ってフロントで受け取った。さらについでに、友人の妹さんの作品がある浦添パルコにより、おみやげに鍋敷きを買った。

 

妻によると、ホテルは忘れ物に気付いても、お客さんに連絡することはないらしい。訳ありな旅行だと差し支えあるかもという理由だそうだ


f:id:much_too_romantic:20240205210336j:image

家内安全、無病息災、また楽しい旅行に来られますようにとお参りして、改めてお札やお守りをいただく。俺たち以外は全員、中国人観光客だった。

 

売店というとか、授与所は巫女さんが5時の数分前に受付の窓にカーテンと鍵をかけて強制終了。俺たちが最後のお客さんだった。危なかった。。それにしても大昔の役所並み?の定時閉店でびっくりした

アマミチューの墓とシルミチューとネコ 浜比嘉島で神話に触れる 2月の沖縄旅行その22

f:id:much_too_romantic:20240205205143j:image

妻の提案で伊計島の帰りに浜比嘉島に寄った。橋を渡って島に入り,直感で左折したところ、アマミチューの墓の案内標識が出てきた。


f:id:much_too_romantic:20240205205214j:image

ネコに導かれたのだろうか。


f:id:much_too_romantic:20240205205209j:image

導いた覚えはないらしい。


f:id:much_too_romantic:20240205205219j:image

満潮だったのか、お墓へのアクセス道が波に洗われている。


f:id:much_too_romantic:20240205205128j:image

アマミチューのお墓。女神アマミキヨさんはこの島で生活していたそうだ


f:id:much_too_romantic:20240205205148j:image

キノコ岩


f:id:much_too_romantic:20240205205138j:image

アクセス道の入り口でおばあが露店を出していた


f:id:much_too_romantic:20240205205153j:image

看板ネコ。あるいは看板とネコ


f:id:much_too_romantic:20240205205204j:image

売店もあります。村おこしに、貝殻に塩を入れたお守りを手作りして売っていたので、家族分を購入。


f:id:much_too_romantic:20240205205159j:image

シルミチューも参拝。


f:id:much_too_romantic:20240205205133j:image

後から調べたところ、子宝や安産にご利益があるらしいが、俺たちはそれを知らず、ざくっと家内安全、無病息災をお願いしてきました