ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

早稲田大学 成績開示 受かったかも、と本人が言っていた教育学部

長女が早稲田大学に請求していた成績開示が届きました。

 

 

f:id:much_too_romantic:20210605115947p:plain

 

文構は補欠、文学部は不合格で迎えた教育学部は、本人は実は受かっているかもと思いながら発表当日を迎えた分、不合格の文字に本人も妻もショックを受けていた。

 

おれは前日に自己採点を聞いて、こりゃだめだろと思っていたので、明鏡止水の心境だったのだが。。。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

自己採点は、

英語 32点

世界史 38点

国語 39点

 

でした。

 

では開示は

 

f:id:much_too_romantic:20210605120109j:plain

 

f:id:much_too_romantic:20210605130642j:plain

 

 自己採点ってけっこう正確なんだなあ。。

 

そして、文学部と違って、どれもそれなりにはできており、本人に手応えがあったのも分かる気もする。

 

しかしそれはあくまでそれなりで、やはり1.5倍される英語が平均点をちょっと超えたくらいでは、合格ラインには届かない。

 

教育学部の試験はその性格上、素直で実力が反映されやすい、という評判というが、結果を見ると、まさに長女の学力を反映した点数だったのかなと思います。

 

国語はできて当たり前、世界史でも突き抜けられず差がつかないとなると、私文らしく英語勝負になって、そこでは勝ち目がなかった、という感じですね。

 

社会科学部はこちら

toomuchromantic.hatenablog.com

 

教育学部はこちら

toomuchromantic.hatenablog.com

 

文化構想学部はこちら

toomuchromantic.hatenablog.com