ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

2020-12-06から1日間の記事一覧

冬の沖縄旅行その26 かかったお金と持ってくればよかったものなど

五日間の苦楽を共にしたフィット。走りやすかったです。しかし、那覇空港到着30分前に連絡せよ、という注意書きを見落とし、レンタカー屋さんには到着直前に連絡したため、空港の車寄せで30分待つことになった。 4泊5日で約12万円と28,000マイルかかりました…

冬の沖縄旅行その25 沖縄旅行で最大の衝撃 沖宮のインパクト

ベイスターズ公式戦も行われる沖縄セルラースタジアム那覇がある、奥武山公園内に沖宮はある。 おきのぐう。公園は市民スポーツの憩いの場となっていた。そして沖宮の看板が数十メートルおきにある。親切な神社だ。 霊峰・天燈山を一気に目指す。 階段をちょ…

冬の沖縄旅行その24 天久宮 その場で御朱印をいただけた

帰りの飛行機までまだ時間があったので、琉球八社めぐりを再開。御朱印は波上宮でいただく、とのネット情報もあった天久宮ですが、日曜だったからか有人で、書き置きの御朱印をいただきました。 あめくぐう、と読む。鳥居は駐車場にあり、本殿へは脇の階段を…

冬の沖縄旅行その23 ダウンジャケットを着込むおじい 伊波家で最後の沖縄そば

中村家住宅から那覇に戻る道すがら、沖縄道北中城インターに近いところ、ということで妻が見つけた伊波家。いはや、と読む。ジューシーつきで大ボリュームの「伊波家そば」。そばも薄味でおいしかった。 今回の旅行でもっとも観光客感がないお店で、店内はオ…

冬の沖縄旅行その22 中村家住宅で豚と仲間由紀恵さんに思いをはせる

コロナ禍で土日のみの開館となっていて、那覇から国頭村に行きがけに寄った時には入れなかった。 中村家住宅はいにしえの琉球農家の典型的な家、ということらしい。立派なのは豪農だったからか。戦争で甚大な被害を受けた南部ではないので、戦前の民家が残っ…

冬の沖縄旅行その21 コザゲート通りでコザ暴動(騒動)を学ぶ

妻が学生時代、沖縄に初めて来た時、那覇からバスで普天間を経由してコザに来たとき、ディスイズUSA的な異国感にショックを受けたそうだ。 しかしそれから四半世紀以上がたった今、その栄華はまったく感じられない。経済危機に苦しむ東南アジアのような街並…

冬の沖縄旅行その20 雨だと送迎車は大人気 部屋で30分待たされるの巻

レンタカーは少し離れた駐車場からロビー前につけてくれるバレーシステムでした。 コテージだけあり、部屋は今まで泊まった中で一番広かった。 グランドコテージからロビーまでは徒歩2分。しかし雨が降っていたので迎えの車をお願いした。 考えることは宿泊…

冬の沖縄旅行その19 オクマ プライベートビーチ & リゾート グランドコテージ宿泊者は「オアシス」で朝食を

旅行最終日の朝食は、グランドコテージ宿泊者向けの朝食会場「オアシス」にて。 一般宿泊者向けのブッフェは地元のおばあが対面でポークたまごおにぎりを作ってくれたり、沖縄料理が満載だったが、こちらは洋食オンリーでした。 朝食会場にスパークリングワ…