ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その1

セブ島へは9時15分成田発のフィリピン航空、PR435便だったので、成田ビューホテル6時20分発の無料シャトルバスに乗った。


空港には7時前に着き、チェックインカウンターはすいていた。フィリピン航空に乗ると全日空マイレージがつくことにここで初めて気づき、ANAマイラーのおれは大よろこび。手続きを済ませ、海外旅行保険を2人分契約。興亜損保ジャパンが7210円で一番安かった。

 

f:id:much_too_romantic:20170303162214j:image


さらに、妻がカラビナを買い、麦わら帽子をカバンにかけた。妻一押しのお役立ちグッズて、旅行やライブでは絶対便利。

 

f:id:much_too_romantic:20170303162035j:image


7時15分オープンの手荷物検査場は一時長蛇の列になり、慌てて並んだが、レーンが数多く開いたようで、途中からさくさく進んだ。両替はほとんどが8時オープンで、現地で替えればいいやとスルーした。

 

f:id:much_too_romantic:20170303162231j:image


機内はコレクターズ武道館並みの客入り、つまり99%ほどの乗車率だった。事前に6000円出して往復隣席確約プランにしたが、必要だったのか、そうでなくても早くチェックインすればさくっと隣席にしてくれたのかは不明。離陸前にはルー・リード「ワイルドサイドを歩け」のオーケストラバージョンが流れていた。ワイルドよりマイルドな飛行になることを願う。

 

f:id:much_too_romantic:20170303162109j:image


機内食は和風チキンカレーと豚とキノコのサワークリームの二択で、妻が選んだ豚の方がおいしそうだった、と言ったら、あなたは食べ物で冒険しないからよと、新婚3日目にして生き様を批判されてしまった。まあたしかに、外食してもいつも同じ店で同じものしか頼まないけど。

 

f:id:much_too_romantic:20170303162132j:image


機材はエアバスA321-200で、両側に3席ずつ。ピッチは狭かったが両隣が女性で陣地争いもなく快適だった。白ワインを頼んだら、渋谷クアトロのワンドリンクより多いんじゃないかってくらいになみなみついでくれた。

 

ただ、エコノミー150席弱に対して、トイレが二つしかなく、機内食直後は男女入り乱れて十数人の列ができていた。おなか壊してたらかなりつらいかもしれない。