ライブ、野球、映画の備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セトリバレあり:the pillows NOOK IN THE BRAIN TOUR @高崎 club FLEEZ 2017.5.5

2017年5月5日(金)

整理番号95番(FC先行) 4,320円 17時半開場、18時開演

 

<ツアー初日の感想ですが、記事後半にセトリの盛大なネタばれあります>

高崎はもともと6月10日の予定だったけど、前日の6月9日がピーズ武道館のため、5月5日に前倒ししたら、結果的にツアー初日になったそうな。

 

「武道館で酒を飲みたいから」とさわおさんはMCで言ってたけど、さわおさんライブ前日どころか、当日朝からハイボール飲んでるじゃんと思わないでもない。まあ打ち上げで痛飲したいとか、てかこれは冗談で、さすがにシンちゃんに気を遣ったってことなんだろうけど。

 

f:id:much_too_romantic:20170507093347j:image

新幹線に乗ることもなかろうと、横浜駅から湘南新宿上野東京ライン高崎駅まで、2時間10分くらいかけてとことこ行った。パスモで片道2268円也。新幹線料金を新横浜駅発なら3330円、東京駅発なら2470円節約したことになるので、その代わりに780円出してグリーン車に乗った。GW中で8割以上埋まっていたけど妻と並びの席を取れた。

 

f:id:much_too_romantic:20170507093358j:image

高崎だるま自動販売機。高崎に降り立ったのは初めてで、ライブハウスと駅を往復しただけだけど、唯一街の個性を感じた風景だった。

 

f:id:much_too_romantic:20170507093408j:image

クラブフリーズ、ツアー初日でも当日券出ていた。まあGWのさなかだしなあ。。最前付近にいたが、キャパぎりぎりまでチケットを出していたのか、後方からの圧は近年のピロウズではけっこう強めだった。初日の熱気のせいかしら?あと、ステージがけっこう低めで後方の人は見えにくかったのでは。さわおさん背高くないし。

 

f:id:much_too_romantic:20170507093422j:image

土地柄、車で来た人が多いのか、入場待ち時にすでに手ぶらな人が多かった。

 

f:id:much_too_romantic:20170507093431j:image

入場前から使えるの地下のコインロッカーは300円で、かなりの余裕がありました。

 

<セトリ>

01.Envy

02.Hang a vulture!

03.I think I can

新曲をかまして一休止した後の「3番枠」、最近のツアーは空中レジスターやロックンロールシナーズがよく入っていたが、2016年1月のFC限定ライブのオープニングだったI・C・A・Nが来て大いに楽しんだ。個人的に、この枠に来る曲はセトリのパイロット的存在でけっこう大事だと思う。

04.MY FOOT

記憶が正しければ2014年11月のclub Que以来に聴けた!対談でレスリング金メダルの登坂さんが大好きと言っていたので、なんとなく影響されたんだろうか。名古屋のライブにはぜひ招待してあげたいですね。我が家の長女も大好きな曲で、美術の宿題で作った「踵を鳴らして行こう」という歌詞をレタリングしたポスターが学校に飾られている。

05.New Animal

妻が大好きな曲。Eテレのきらっと生きるの主題歌でした。誰かになりたいわけじゃなくて、って歌詞がテレビの内容に合っていてすごくよかった、とことあるごとに語っている。

06.Last Holiday

わりとよくセトリ入りする気がする。

07.POISON ROCK'N' ROLL

ランナーズハイ、レディステディーゴーなどとともに、締めのあげあげ枠によく入る曲だが、今ツアーはまさかの7番打者。この日はベースのキーかチューニングかがなんだかあってなくて不完全燃焼に終わった。まあ初日だからなー。パイドパイパーから3連続でセトリ入り。

08.インスタントミュージック

「ノーダメージなイメージ」はさわおさんが神とあがめる佐野元春さんのベスト盤「No Damage」へのオマージュですね。

09.Ride on shooting star

フリクリ枠。

10.王様になれ

11.どこにもない世界

12.GOOD DREAMS

細かく刻むギターのアレンジが、佐野元春でキャリアハイの一つと俺が信じている「See Far Miles Tour Part2」での「ぼくは大人になった」を彷彿とさせて、横浜アリーナにいるかのようなスケール感があって素晴らしかった。個人的に、今ツアーのベストトラックになると思う。

13.ジェラニ

めったに自己主張しない長女が珍しく「この曲大好き。リピートして」とリクエストしてくる曲。俺も大好き。さわおさんも自信があるみたい。サビは息継ぎがなくて歌うのが大変そうだった。ツアーが進むにつれてもっとこなれてくるに違いない。たのしみ。

14.Coooming Sooon

15.パーフェクト・アイディア

16.BE WILD

17.Sleepy Head

さわおさんが有江さんを指差した瞬間、俺にとって狂喜乱舞の数分間がやってきた!淳さん解雇でもう二度と聴けないかと思っていたら。。。ベースに晴れ舞台があるMY FOOTやこの曲がセトリ入りするってことは、有江さんがしっかりピロウズをサポートしてくれて、さわおさんも信頼してるってことなんじゃないかと思う。とにかくかっこいいしうれしかった!

18.Where do I go?

19.Advice

en#1

01.プロポーズ

ライブで前回聴いたのはいつか思い出せないくらい。いったライブのセトリはちゃんと記録しないともったいないなあ、ということで本ブログはツアー中ながら盛大にセトリバレします。

って、実は2015年12月のマニアックツアーで聴いてたことが判明。妻に指摘されて、どうせうそだろーって思ってたらほんとだった。

02.Funny Bunny

en#2

01.ハイブリッドレインボウ

 

1曲あたりの長さが短いので、ダブルアンコールをきっちりやっても1時間45分くらいですべて終了。ジャイアンツ時代、全盛期の上原浩治が先発した試合並みに短かった。