ライブ、野球、おでかけの備忘録

ライブ、ベイスターズ、旅行記など

●0ー2阪神タイガース @横浜スタジアム 内野指定席B 2023.8.20 ベイスターズ観戦記

f:id:much_too_romantic:20230821052353j:image

帝京平成大学デーのマッチデープログラムは、人選が渋くてけっこういいところついてると俺の中で定評がある。今年は大田と林だった


f:id:much_too_romantic:20230821052422j:image

昨年マッチデープログラムに登場していた入江がセンターに。帝京平成大学知名度アップ、学生にもいい実地研修になってウィンウィンの取り組みですね


f:id:much_too_romantic:20230821052346j:image

「横濱漢祭」。ディアーナの皆さんも、どことなくマイルドヤンキー浴衣風。全体的に、チームカラーとイベントの風味が合っていない気がした。こういうのが好きな人も多いのかもだけど


f:id:much_too_romantic:20230821052340j:image

漢気ジャンケンで石橋貴明登場。「何敗してるの」「防御率4点台」と帝京の後輩、ヤスアキをいじっていた。石橋貴明はテレビでしか見たことなかったが、マイクを通じた声を聞くとなんかしゃがれたというか年相応なのかなあ


f:id:much_too_romantic:20230821052409j:image

仕込んでたわけではないだろうが、ヤスアキが優勝して、「横浜優勝」のビッグフラッグ制作費300万円を支払うことに


f:id:much_too_romantic:20230821052336j:image

アイラブヨコハマで締め


f:id:much_too_romantic:20230821052418j:image

スターマンもはちまき姿


f:id:much_too_romantic:20230821052359j:image

おれがK-1にまったく興味がないこともあり、角田信朗さんのこともよく知らず、きょう登場して生で見られたことの価値がいまいち実感できなかった。すみません


f:id:much_too_romantic:20230821052333j:image

7月中旬にレフトのポールあたりに沈んでいた夕日は、この日はレフトウイング席と内野席の切れ目あたりに沈んでいった。地球は公転していて、かつ、地軸が傾いている、ということを実感した


f:id:much_too_romantic:20230821052412j:image

暑いといえば暑いですが、7月よりはずいぶんマシだった。高校野球の神奈川大会をやっている頃が一番暑いんじゃないかしら


f:id:much_too_romantic:20230821052350j:image

無料配布日に神里タオルと交換してもらったソトタオル。来季の契約はどうなるんだろう


f:id:much_too_romantic:20230821052356j:image

ハマスタバトルでは相変わらず速いディアーナのみなさん。シーズンが深まり、バトンパスが目に見えてうまくなっている。

 

おれはこの日早朝、みなとみらいをジョギングしたんですが、8キロくらい走ったところで気分が悪くなり、中断してセブンイレブンに緊急ピットインし、アクエリアスで命をつないだのでした。

 

走る前に水分は十分取ったつもりだったのだが、体調がいまいちだったのか、湿度が高かったのか、前日のサウナが悪かったのか。気をつけなければ


f:id:much_too_romantic:20230821052343j:image

ふがいない打線にもめげずに力投するバウアー


f:id:much_too_romantic:20230821052402j:image

これも300万円するんですかね


f:id:much_too_romantic:20230821081345j:image

妻がスタナイのバウアータオルを掲げていたら、試合前に夫婦でバックスクリーンに抜かれました


f:id:much_too_romantic:20230821052415j:image

何度となくスタンドを盛り上げ、チームを鼓舞するバウアー。しかし打線は伊藤将を全く打てず、得点圏に走者を進めたのは一度だけだった。バウアーは今季終了後、新たな刺激を求めて、チームを去るんだろうな、とこの姿を見てなんとなく思った。

 

現地観戦は2カ月勝ちがなく、成績もついに貯金がなくなり5割に。きょうは見ていてつらかった、というか、ここ数年、ハマスタに来すぎなのかなあと思った。

 

イベントもおれには響かなかったこともあり、試合も見どころがなかったこともあり、ということで、正直言って、観戦後に、つまらなかった、という感想しか残らなかった。ハマスタでこんな気分になったことはあまり記憶になく、自分でもびっくりした。

 

長女、次女はともにバイトで、家が1時間だけ無人となった間に、期日指定していたキャットタワーが届いていて、ヤマトさんには申し訳なかった。再配達してもらい無事組み立てたところ、ねこたちは大いに気に入ってくれたようでよかった。

 

<今季現地成績>

7勝7敗1分

1-1神

1-3広

0-2巨

1-0ヤ

2-0-1中

1ー0ロ

1-1西

<4月>

04日 ●0-9巨 ベイB 浜口 7裏現地着、9表に辞去

08日 ○3-1中 ベイB ガゼルマン ガゼ二塁打、関根セーフティー

09日 ○8-0中 ベイB 石田 初回一挙6点、三嶋復活お立ち台

14日 ○8-3神 ベイB ガゼルマン 青柳攻略、関根3安打で首位打者

<5月>

02日 ●1-6広 DB応援B ガゼルマン 12残塁、9表ヤスアキグラスラ被弾

04日 ○3-2広 ベイB 石田 9裏宮崎サヨナラ本塁打、森原初勝利

20日 〇5-3ヤ ベイB ガゼルマン 牧佐野宮崎死球警告試合、ウェンデルケン初勝利

<6月>

03日 〇6-2西 ベイB バウアー バウアー8回2被弾10K、京田4安打で光成攻略 

05日 ●4-6西 DB応援B 平良 3回に集中打でKO、9裏の追い上げも届かず

18日 ○6ー1ロ ベイB 石田 牧集合、宮崎HRで朗希攻略、1試合残して交流戦首位に

<7月>

01日 △2-2中 パーティースカイデッキ バウアー お粗末挟殺プレーにバウアーぶち切れ、桑原負傷退場で知野レフト山本ファースト

15日 ●1-2広 DB応援B 今永 今永8回無失点も9表ヤスアキ被弾で降板、エスコバー決勝犠飛浴びる

17日 ●1-2広 ベイB バウアー 桑原ファンブルと蝦名怠慢守備で決勝点 打線は3安打

23日 ●0-4巨 S+ 平良 散発4安打の貧打、ヤスアキ配置転換後初登板

<8月>

20日 ●0-2神 ベイB バウアー バウアー再三盛り上げも打てず、試合後には宮崎けがで抹消