ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その12 SMモールのトイレの紙は

前回はシャングリラから一歩も出なかったので、今回は一度でいいから街に出たい、との妻の希望で、ビールなども買い込む目的もあり、シャングリラからシャトルバスでSMモールに繰り出した。

f:id:much_too_romantic:20190208174035j:image

フィリピン人気ナンバーワンファーストフード。ドキンちゃんみたいだ。

 

シャトルバスは前日までに予約することを勧められ、実際に8割ほど埋まっていた。所要45分とのことだったが、渋滞で1時間10分かかった。

 

f:id:much_too_romantic:20190208174021j:image

春節の飾り付けが華やかでした

 

モールは入り口でセキュリティチェックがあり、清潔で治安も問題なく、種々のショッピングモールに携帯売り場が集まったコーナーが併設されてる雰囲気だった。北京の中関村みたい。

 

f:id:much_too_romantic:20190208174133j:image

ミスセブと、なぜかミスカナダがお出迎えするスーパーマーケット

 

スーパーマーケットのドライマンゴーコーナーなど、地元感があるところもあったが、全体的に日本のららぽーとと雰囲気はほぼ同じだった。

 

f:id:much_too_romantic:20190208174212j:image

スポーツ店にはロードランナーが置いてあった

 

サンミゲルが一本40ペソで安かったが、ナイキとかアディダスとかメレルとかノースフェイスとか、日本で馴染みのブランド物は値段も日本と変わらなかった。

 

f:id:much_too_romantic:20190208174236j:image

妻が頭が痛くなり、薬局で女性用頭痛薬を一粒だけ購入。8ペソでした。一粒だけ変えるのは便利。一般的に海外の薬は日本の薬より成分が強く、妻も飲用後2時間くらいしてスタバで休んだところ、急に眠気に襲われて寝ていた。海外では飲み慣れた薬を持ち歩いたほうがいい。

 

買い物途中に妻が便意に襲われ、買い物を中断してトイレへ。女性トイレは入り口に紙があり、自分が使う分だけ切り取ってから個室に並ぶスタイルだそうです。

 

f:id:much_too_romantic:20190208174301j:image

海外タバコの包装はおどろおどろしい

 

ここでだいたいのおみやげがそろう、と誰かのブログで読んだkultura。家族5人のお土産に、セールで1枚100ペソのTシャツを5枚買った。しかしいわゆるお土産的な小分けのチョコレートはいいのがなく、空港で買うことにした。