ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

ARABAKI ROCK FEST.19 Day2 アラバキロックフェス 来たことあるからといって油断しちゃいけない、お役立ちメモ

f:id:much_too_romantic:20190430040459j:image

2日目は一転、好天でした。

 

次に持ってくるべきもの

 

・派手な色のレジャーシート

初日に100均で買ったピンクが目立ってよかった。

 

・ボディバッグ

ライブなどで重宝しているベイスターズのバナナショルダーバッグに雨具やユニクロのダウンを入れるとぱんぱんになるので。

 

・ヘリノックスの椅子

持ち運びやすそうで羨ましかったが、2日目くらい精力的に動くならいらないかも

 

・靴下の替え

これは今回持ってきて大正解だった。快適さと疲れが違う。

 

・日焼け止め

日中はタイツ、ベイスターズ水着、エアリズム下着、ベイスターズユニでいたが、やはりちゃんと塗らないとだめ。翌日温泉で二の腕がひりひりした。

 

f:id:much_too_romantic:20190430040540j:image

今年は女性用トイレの行列がひどかった。写真は開場前の様子。

 

バービーボーイズ前の磐越脇トイレは待ち時間15分くらいあったのでは。おれがビールに並ぶと同時にトイレに並んだ妻は、おれがビールをステージそばで飲み干し、小用を足したころにやっと用を足し終えた。

 

7時台のシャトルバスチケットだったが、ホテルからの出発が遅れ、妻がスマホを部屋に置き忘れて戻ったこともあり、7時58分に乗り場に飛び込んだ。あと2分遅れてたら8時台の列に吸収されるところだった。

 

8時10分にバス出発、裏道だったのか細い道を通って9時過ぎに現着。

 

f:id:much_too_romantic:20190430041014j:image

開場直後の磐越。シートエリアが狭まり、スラム街さながらのシート民続出。今年の来場者は5万8000と過去最高だったそうで、トイレにしてもシートエリアにしてもインフラを改善した方がいいのでは。

 

f:id:much_too_romantic:20190430041638j:image

汚い丸はこの日見たもの

 

磐越にシートを敷いて荷物を置き、妻は堂島孝平、おれは陸奥のキングオールスターズ。

 

f:id:much_too_romantic:20190430043353j:image

ピロウズ映画の告知が流れる

 

カメラ用切り込みの柵を確保して最前付近で見た。能年玲奈ちゃん改めのんさんは本当に生身だったんだと思った。かわいかった。若大将はギター弾きまくりでした。他に見るのがなかったこたもあって、楽しく過ごせた。

 

f:id:much_too_romantic:20190430042018j:image

妻と合流し、津軽そばのJAブースでおにぎりと仙台牛。一見コンビニおにぎりだが、白米がぷりぷりしてとんでもなく美味しかった。

 

f:id:much_too_romantic:20190430042146j:image

花笠近くのトイレに寄ったらたまたまやってたみちのくプロレスアラバキ3回目にして初めて見た。

 

f:id:much_too_romantic:20190430042308j:image

ウルフルズは大好きなええねんが聴けてよかったです。トータスはフェス民を楽しませようという感じがすごく出てる。

 

f:id:much_too_romantic:20190430042620j:image

楽しみにしてたバービーボーイズ、杏子さん若い!エロカッコよくスカートをひらひらさせていた。まさに美魔女。コンタも声出てて、CDより数段カッコよかった。ピロウズ以外では今年のベストアクトだった。

 

1.勇み足サミー

2.使い放題tenderness

妻が大好きな曲で大興奮していた。

3.でも!? しょうがない

4.ごめんなさい

5.目を閉じておいでよ

6.女ぎつねon the Run

7.わぁいわぁいわい

8.三日月の憂鬱

9.負けるもんか

 

f:id:much_too_romantic:20190430042554j:image

荷物置き場を陸奥後方に移し、ピザ食べてから防寒対策を整えてシシャモへ。日が落ちると冷えるが、ピロウズで温まることを見越してライトダウンジャケットは自重。

 

正直ピロウズ待機以上でも以下でもなく、川崎工科出身ということしか知らず曲の知識ゼロだったが、ぐるぐる楽しく映像もかわいらしいタオル、歌詞が良かったレスポールの新曲など、歌唱も楽曲も正統派スリーピースでとても良かったです。

 

※追記・川崎工科ではなく、川崎総合科学だそうです。すっかり思い込んでました。

 

さいたまスーパーアリーナでワンマンやる大人気バンドに失礼な物言いだが、おれにとっては今年のサプライズ大賞だった。

 

f:id:much_too_romantic:20190430044014j:image

いよいよピロウズ。ライブ百戦錬磨の妻がシシャモから絶妙なポジショニングで、うまい具合に二列目を確保できた。

 

1.アナザーモーニング

2.About A Rock’n Roll Band

3.LITTLE BUSTERS

 

ここからゲスト登場。ピロウズリスペクトな若手ベースを迎えるというのはなるほどと思った。みんなバキバキ弾きまくってた。

4.カーニバル with 関根史織(Base Ball Bear)

5.この世の果まで with 関根史織(Base Ball Bear)・佐々木亮介(a flood of circle)

これはヨーキングバージョンがぐっとくるんだよなー。佐々木さんには申し訳ないが。

 

6.サードアイ with 関根史織(Base Ball Bear)・菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)

7.バビロン天使の詩 with 田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)

8.ガールフレンド with 田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)・宮崎朝子(SHISHAMO

著作権ごとあげていいとさわおさんが言うとおり、まさに自分のものになってて素晴らしかった。さわおさんはぜひ有言実行して、音源化してほしい。

 

9.MY FOOT  with 田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)・ホリエアツシ(ストレイテナー)

この曲、テナーリスペクトだったそうです。初めて知った。

 

10.ターミナルヘヴンズロックwith JIRO(GLAY)

11.スケアクロウ with JIRO・TERU(GLAY)

テルさんナチュラルに20周年おめでとうとか、映画での演奏曲バラしちゃうとか、佐野元春以上の天然だった。スケアクロウはさすがGLAY色でした。ここまではゲストのリクエスト曲だったそうで、みんなナイスチョイス!

 

12.Funny Bunny with 佐野元春

13.アンジェリーナwith 佐野元春

さわおさんのヒーローであり、おれのヒーローでもある佐野元春。最高の時間だった。佐野元春ピロウズについては別記事で。

 

toomuchromantic.hatenablog.com

 

 

-アンコール-

14.ストレンジカメレオン

15.ハイブリッドレインボウ

 

バスに45分ほど並んで10時45分発、24時前に仙台に戻った。

 

初日の様子はこちら。

 

toomuchromantic.hatenablog.com