ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その9 マクタン空港は混然一体 定時だと思ったら甘かった

PR1863は出発20分前に乗客搭乗が終わり、いよいよ定時かと信じたが、ここから機内で50分待たされ、結局30分遅れで離陸した。これくらいならいいか。

f:id:much_too_romantic:20190207213134j:image

 

マクタン空港の国内線手荷物受け取りターンテーブルからも、やけにあっさり荷物が出てきた。

 

f:id:much_too_romantic:20190207213714j:image

手荷物受け取りと到着ロビーはほぼ一体になっていて、このがらんとしたところあたりにシャングリラのボードを持ったおじさんが待っててくれた。

 

f:id:much_too_romantic:20190207213616j:image

 

ロビーの隅っこにシャングリラブースがあった。15分待ってね、いや、20分かな、でも30分にはならないよ、とおじさん。妻のために椅子を一つ持ってきてくれた。おれには持ってきてくれなかったよん。

 

マクタン空港の到着ロビーでも、マニラ空港で使えたのと同じ会社のWi-fiがつながりました。