ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、ベイスターズ、旅行記など

セブ島 シャングリラ マクタン 再訪その1 マイル航空券もただじゃない:戦いは始まっているその1

新婚旅行以来、2年ぶりにセブ島のシャングリラに行くことにした。ダナンやコタキナバルなどほかに候補があったが、海のきれいさや行きやすさやご予算などもろもろあり、結局はセブに落ち着いた。

 

正月の仕事が終わってやっと冬休みを考える余裕ができて手配を始めたが、前回お世話になったセブ王さんから「ご希望の日程では飛行機がありません」との残念なお答え。出遅れたか。。

 

しかしよく考えたら、ANAマイルがたくさんあり、2人で余裕で羽田マニラ往復できるじゃん。今回はマイルを使い、さらにマニラセブ往復、さらにシャングリラのオーシャンクラブルームも自力で手配することにした。

 

ANA特典航空券>

f:id:much_too_romantic:20190205163956j:image

 

往復20000マイル×2で40000マイル。だいたい7、8か月くらいでたまるくらいのマイルでした。

しかし、考えれば当たり前ではあるが、マイルで行くからと言ってただじゃなかった。

一人あたり12900円かかりました。

 

・施設使用料 2570円

羽田は2014年に値上げしたらしい。

 

 

・国際観光旅客税 1000円

2019年1月7日発券分から徴収されるようになった。おれが発券したまさにその日だった。。。ニュースをちゃんと見ておかないとだめだわ。

 

 

・旅客サービス料 1130円

なんのことだか最初はわからなったが、eチケット控えにLIとコードがあったので、フィリピンの空港使用料のことらしい。前回はセブの空港から直行便だったのでいつもにこにこ750ペソ現金払いだったが、今回は航空券に切り込まれているということだ。

前回のペソ払いはこちら。

toomuchromantic.hatenablog.com

 

・航空保険料及び燃油特別付加運賃 8,200円

保険料は片道100円だそうです。サーチャージは旅行時期や行き先によってかなり幅がある。プリウスみたいにハイブリッドの航空機とか開発されないんだろうか。

 

事前にパスポート情報を登録しておけば、24時間前に自動チェックインしてくれるらしい。学生の頃、バックパックで旅行する傍ら、なれない英語で電話でリコンファームしてたことがなつかしいわ、いやなつかしくないなあれはかなりのストレスでした。世の中進歩している。