ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

箱根の温泉旅館をデイユース

妻が「この夏は大変だった。こんなに毎日体が重くてずっと疲れが抜けないのは久しぶり。夏のうちにデートしたい」というので、深夜まで仕事しながら、日帰りで部屋が使える箱根の温泉デイユースプランを探しあてた。てことで、この日はハマスタ観戦の予定を変更し、朝長女の数学を少し見てからXVで箱根に向かった。

 

XV純正の新しいナビとの呼吸が合わずに道を間違え、東名高速横浜町田インターあたりで混んでいて、前日深夜まで仕事してて眠かったこともあり、妻と車内でやや口論になり険悪な雰囲気に。

 

f:id:much_too_romantic:20170825164930j:image

大和トンネルあたりで渋滞も抜けて和解ムードになり、ネット情報で目を付けていた箱根湯本の洋食屋さん「木のぴーハウス」でお昼ごはんのハンバーグランチ。手作り感あって味が深くておいしかった。とにかくでかかったので、この半分で十分だった。

 

横浜から箱根までは順調なら1時間半くらい。早朝から出ていれば芦ノ湖スカイライン箱根神社にでも行けたんだけど、とてもそんな元気はなく、レストランを出たらホテル「開雲」に直行。

 

f:id:much_too_romantic:20170825164954j:image

じゃらんで見つけた「日帰り・軽めの夕食付】13時~20時客室休憩7時間☆【ちょっぴりお泊り気分】日帰りプラン」お一人様税込み6000円でした。

 

f:id:much_too_romantic:20170825165059j:image

露天風呂。気持ちよかった。部屋付きではありません。

 

10畳+広縁5畳のとにかくオーソドックスな和室で、なにしろ生活といううすのろから完全に切り離されたので、2人とも日常スイッチをオフにできた。

 

f:id:much_too_romantic:20170825165031j:image

昼寝して露天ぶろに入ってほげほげ。貸切状態でした。

 

 

f:id:much_too_romantic:20170825165128j:image

料理長自慢のお食事【つつじ膳】。ハンバーグで腹いっぱいだった俺たちには必要十分な量。ちゃんとあたたかくておいしかった。お味噌汁もだしがちゃんとひいてあったし。

 

もう一度風呂に入って20時にチェックアウトし、走行中につき画面は見られないTVKの音声だけ聞きながら帰路ドライブ。東名の横浜町田インター手前で球団史上57年ぶりの3戦連続サヨナラ勝ちが決まる。なにしろ音声だけだったんで何が起きたかよく分からなかった。

 

風呂もいいしごはんもおいしかったし、なにしろ強制的に日常から切り離されてのんびりするしかない。子どものことを考えると無理に1泊するよりこちらの方が気楽だし、今後も多用したいプランでした。