読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブ、野球、映画の備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その17

f:id:much_too_romantic:20170306214527j:image

おみやげに長考するの巻。

 

夜ご飯を食べてお土産を買おうとしたが、ありあけハーバーとか東京ばな奈とか、ディスイズお土産みたいのがホテル内にまったく売ってなくて困った。フライトは朝8時だから空港のお店やってなさそうだし。

 

f:id:much_too_romantic:20170306225625j:image

で、女性陣に買ったのはシャングリラブランドのエステChiのなにやら塗りつけるものと、会社に買ったのはおいしいのかよくわからないマンゴーチョコレート。日本のお土産屋さん並みの値段だけど、まあこういうとこで買うこういうのはこういうもんだし。

 

ショップのお姉さんが、店内に流れていたスターシップの愛は止まらないのカバーに合わせて口ずさんでいた。フィリピンで流行ってるんだろうか。

 

f:id:much_too_romantic:20170306225958j:image

シャングリラらしいロビーの調度品。なんか雰囲気あるなと思って撮ったが、写真にしてみるとそうでもなかった。

 

f:id:much_too_romantic:20170306230252j:image

メインロビーのエントランス。オーシャンクラブに泊まるとこの景色はほとんど見ることなく終わる。

 

夜久々に仕事用スマホを見ると不在着信があり、この旅行では開くまいと思っていたノートパソコンの電源を入れてちょびっとだけ仕事した。

 

こういう時に現実のあしたは藪の中へ、思い切ってスルーしてぼくらは自由を青春を気持ちの良い汗をかきたいもんだ。それができないから奥田民生は人気あるのかもしれない。