読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブ、野球、映画の備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

THE COLLECTORS GLORY ROAD TO BUDOKAN COUNTDOWN LIVE ゲスト:the pillows @CLUB QUATTRO 2017.2.12

2017年2月12日(日)

整理番号76番(コレクトロン先行) 3,900円 16時開場、17時開演

 

個人的にはラーメンとカレー、けいおん的には炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーションとも言える対バン。ここ一番で力が入り過ぎるさわおさんが心配ではあったけど、それ以外は楽しみしかないライブだった。

 

ライブハウスには開演ギリギリに着き、終演後は風のように去る主義ではあるが、クアトロだけは気持ち早めに行ったほうがいいと思った。開場待ちスペースが異様に狭く、ロッカーも奥の方になってしまうと帰りが一苦労なので。

 

入場後はクアトロ名物、下手前方の柱の前に入り込めたが、目の前の女性が長い髪を束ねたり結わいたりしてなくて、とても嫌な予感がした。しかし客電が落ちたとたんにお客さんがぐっと動いておれも流され、その女性とはお別れとなった。

 f:id:much_too_romantic:20170218163613j:image

 

先攻ピロウズは個人的予想に反し、stroll and rollツアーの匂いが残るセトリだった。ひさしさんはピロウズ楽曲で1989が一番好きだと言っていたけど、セトリには入れづらいだろうなと思っていたら、その代わりといってはなんだけど、高円寺に続いてフールオンザプラネットが入った。思いがけずセトリ入りしたムーブメントと同様に、歌詞が今のさわおさんの気分にフィットしているのかもしれない。

 

さわおさんはやっぱり、いつもより力が入っていた。敬愛するバンドとの対バンで、いい意味で前座感のあるライブだった。ピロウズでこういうのも珍しい気がする。

the pillows @ 渋谷CLUB QUATTRO (東京都) (2017.02.12) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】

 

 

後攻コレクターズ、いつもはフロアの女性率がとても高いが、この日はピロウズの影響か男性も少なくなかった。未来のカタチに聴き入り、シンディのかっこよさに大いに盛り上がった。さわおさんが一番好きなコレクターズ楽曲と公言しているタイムマシーンがセトリ入りしてて、リクエストを受け付けたのかしら。

 

コータローさんはかっこいい。ギターも生き様も。自分はあんな風にはとてもなれないと思うので、その分よけいにかっこよく見える。

 

THE COLLECTORS @ 渋谷CLUB QUATTRO (東京都) (2017.02.12) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】

 

アンコールにコレクターズ+さわおさんで1曲。なんとなく、夢見る君と僕、と予想してたんだけど違った。お父さんと長男が一緒に歌ってるみたいでよかったです。

 

 

それにしても、2015年アラバキの大トリ、山中さわおプロデュースのコレクターズトリビュートを見られたのは本当に幸せだった。あの1時間半は、まさに夢の国だった。フジテレビネクストで30分に圧縮して放送してくれたけど、完全版が商品化されたら69000円でも買っちゃうよ。いやまじで。

 

ところで、クアトロのワンドリンクは長らくビールでなく発泡酒だったんだけど、この日は「ビール」と張り紙がしてあった。変わったんだろうか。