ライブ、野球、おでかけの備忘録

ピロウズ、コレクターズ、ベイスターズなど

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その13

f:id:much_too_romantic:20170306115523j:image

きょうはすいてるわよーとビーチの陽気なお姉さん。

 

f:id:much_too_romantic:20170306115553j:image

ホテルのトイレはアロマのいい匂いがする。下痢体質のおれだけど、今回はまったく快腸でうれしい。

 

部屋のトイレ含め、日本が世界に誇る温水便座ではもちろんない。水質や水流の関係もあるから、広まることはないのかな。

 

f:id:much_too_romantic:20170306115817j:image

朝イチでシュノーケル。月水金は魚のエサをただでくれる。

 

沖の方まで出たら、めくるめくサンゴの世界で、お魚もたくさん。おれがペットボトルのなかにおいしいものを持っているのを知っているのか、おれと並走して要求してくる。

 

それにしても綺麗だった。おととい参加したツアーに比べて遜色ない、というか、ホテルのビーチからこれだけ綺麗で魚も楽しめるなら、シュノーケル目的のツアーにわざわざ参加する必要もなかったと思った。

 

f:id:much_too_romantic:20170306120323j:image

ビーチで夕方お酒を一杯頼むと、タダでもう一杯飲める。

 

 

 

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その12

f:id:much_too_romantic:20170306090313j:image

朝の海はとくに澄んでいる。

 

6時前に眼が覚める。妻に「誕生日おめでとうってもうそんなにたくさん言わなくていいよ」と言ったら「だってもう誕生日じゃないもの」と返され、今日もいい日になることを早朝から確信する。

 

ちょっとおしゃれして朝食を食べに出て、道すがらいろんなところでツーショット写真を撮ってもらう。

 

f:id:much_too_romantic:20170306090733j:image

アクアでおいしいオムレツを作ってくれたフランコくん。チーズは完成直前にたくさん入れて、投入後は卵を素早くたたんでフライパンから取り出すのがプロのコツのようだ。

 

f:id:much_too_romantic:20170306091028j:image

妻が自画自賛したおかゆ。しかし露出が外の景色に合っているのでよくわからない。まあ普通のおかゆです。朝食時には朝カヤックしたい妻と、朝シュノーケリングしたいおれで率直な意見交換をした。

 

昨日はビーチが混んでいてパラソルを確保できなかったので、今日は朝食前に散歩がてら、椅子とパラソルを確保したが、戻ってみるとご近所が陽気な白人のおじさんたちで、けっこううるさそうなので奥の方にお引越し。交通至便のところはお高いけど閑静ではないからね。

 

f:id:much_too_romantic:20170306090936j:image

陽気なライフカードのお兄ちゃんが椅子にタオルをセットしてくれる。

 

f:id:much_too_romantic:20170306092044j:image

陽気なビーチのお姉さんがドクロの旗を立ててくれた。ほげほげしてるからじゃましないでねっていうサイン。

 

f:id:much_too_romantic:20170306092210j:image

何か注文したいときはこの緑の旗を出します。

 

 

f:id:much_too_romantic:20170306091011j:image

 帰りたくないなー。

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その11

f:id:much_too_romantic:20170305215252j:image

海沿いの暗闇レストラン。予約必須。

 

部屋に戻ったらバースデーケーキが置いてあった。妻が開口一番「わたしが手配したわけじゃないわよ」と主張していた。妻は最近、このブログを意識したような発言が目立つ。

 

f:id:much_too_romantic:20170305215333j:image

賞味期限が4時間しかない。ホテルが気を利かせてくれたみたい。

 

2日前に予約していた海沿いのレストラン、コウリーコーブでバースデーディナー。さすがにここはお客さんも皆おしゃれしている。海に面した席を確保できて、風が心地よかった。

 

 

f:id:much_too_romantic:20170305215628j:image

各テーブルで一曲ずつ歌っていた生バンドがハッピーバースデーの歌と、なぜかイマジンを歌ってくれた。フィリピンはチップ不要とのこと。

 

f:id:much_too_romantic:20170305215735j:image

雰囲気もお値段もスペシャルな感じでした。量が多くて、3品しか頼んでないのにおなかがはちきれそうになった。

 

味は普通かな、てか、きょうの料理と関係ないところで、妻がほたての稚貝、あさりともに酒蒸しがお手軽なのに超おいしいと熱弁するので、おれも目の前の料理よりそっちが食べたくなった。

 

レストランを出て、8階のラウンジでワインをグラス一杯だけ飲んだが、お腹いっぱいだったので、はらごなしにもう一度外に出て、ホテルの敷地を散歩し、椅子に寝転がっていた。

 

妻はおれと付き合い始めた日のことを思い出語りしてきゅんきゅんしたらしいが、おれはふむふむと聞いているうちにねむやまねむたろうになり、そのままむにゃたろうに変身。耳元の蚊の羽音で起こされた。 

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その10

f:id:much_too_romantic:20170305184155j:image

カヤック国体出場に向けトレーニングにはげむ我が新妻

 

オーシャンクラブ宿泊者は人力で動くアクティビティはタダだと意気込み、まずはスタンディングパドルに挑戦。でもこれは有料だった。

 

がっかりしたおれを気の毒に思ったのか、それともおれがかっこよかったのか、受付のお姉さんが「伝票はただで使えるカヤックにしとくから大丈夫よ」とウインクしてくれた。

 

最初は立って漕ごうとしたがうまくできず、そのうち立ち膝でやってれば楽なことに気づき、しまいにはボードに寝そべって潮の流れに任せるだけという、地元のおっさんみたいな使い方に終始した。

 

f:id:much_too_romantic:20170305184227j:image

おれとは違いスタンディングパドルを楽々と操る地元の男たち

 

 

続いてカヤック二人乗りへ。

 

f:id:much_too_romantic:20170305184332j:image

妻がどはまりしてなかなかやめようとせず、カヌー部員のようにシャングリラ敷地内を何度も往復した。軟式テニス部部長だった我が妻はカヤックで国体出場を目指すらしいので、ぜひ頑張ってほしい。

 

 f:id:much_too_romantic:20170305183957j:image

お昼ご飯はフライドポテトとサンミゲル。ビーチのサンミゲル一缶約500円で、日本のライブハウス価格だった。テントが陽を遮ってくれてたのでほろ酔いでお昼寝。

 

目覚めたら15時過ぎだった。未来の国体選手が今度はシングルカヤックを漕ぎたいというので、優しい新郎は後についていった。

 

 f:id:much_too_romantic:20170305184631j:image

沖に出るとカヌーからも肉眼で魚がたくさん見える。おれはシュノーケルが楽しみだが、妻はとにかくあしたもカヤックらしい。今日も掛け値無しに楽しかった。

 

今日もスパChiに寄り、サウナとシャワー。ここのアメニティはいいにおいがする。

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その9

とってもロマンチックな、との宣伝文句に惹かれて申し込んだパラセーリング。三段階ある高さのうち、一番高い350メートルのマグナムコースにした。

 

f:id:much_too_romantic:20170305121217j:image

お兄さんに早口で説明されて、あれよあれよと言う間にパラシュートに固定される。浮き上がる前に思いっきり海に着水してびしょ濡れになり、妻は半ケツ状態に。iPhone持ってくれば良かった、いやボートに置いておいてよかった。

 

350メートル上空は風がかなり強く、俺たち2人は運命に翻弄されるかのごとく前後左右に揺られ、高所に強いはずのおれですら、最初数分間は怖かった。とてもロマンチックな、というより、とてもスリリングなしゃららららー、って感じだった。

 

落ち着いてくると上空からの眺めは最高。カメラを持っていなかったぶん、この目にしかと焼き付けた。

 

上空浮遊は正味10分ほど。9時半開始で10時には戻って来たので、ビーチでほげほげすることにする。

 

f:id:much_too_romantic:20170305121816j:image

海側から見たビーチ。砂浜でもWi-Fiがバリ3(死語)で入る。どれだけ電波強いんだ。

 

f:id:much_too_romantic:20170305122535j:image

 ビーチ自体はオーシャンクラブ専用ということではないが、オーシャンクラブ宿泊者はシュノーケルとカヤックをただで貸してくれる。岩場においしいえさでもあるのか、お魚さんが張り切ってついばんでいて、透明度こそ劣れど、魚の密度はシュノーケルツアーで行ったポイントに負けてなかった。

 

f:id:much_too_romantic:20170305122355j:image

野営感あふれるおれたちの基地。コレクターズ30周年武道館成功おめでとうございます。

 

隣に寝てる妻はシーチキンの新しいCM見て、トシロウかっこいいとか言ってる。あと、さっきのブログ更新してからというもの、7分に一回のペースで誕生日おめでとうって言ってくる。

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その8

朝6時オープンに合わせて、プールでひと泳ぎ。水温も気温も心地いいです。日本の公営プールはもっと水温を下げてほしい。

 

f:id:much_too_romantic:20170305082205j:image

 

深さ2.3メートルのプールがあり、喜んで足から飛び込んだら、端っこは水深が浅く、あやうく足を痛めるところだった。飛び込みよくない。

 

f:id:much_too_romantic:20170305082342j:image

マンガに出てくるみたいなココナッツジュースをやる気なくプールサイドで売るおじさん。まあこんな時間じゃまだ売れないよね。。

 

f:id:much_too_romantic:20170305091041j:image

オーシャンクラブ専用プール。きょうも太極拳おじさんがいた。海に向かって泳いでる感があってよいです。

 

f:id:much_too_romantic:20170305091143j:image

オーシャンクラブ専用ビーチ。きょうあすはここでのんびりしたいな。

 

朝食は昨日に引き続きアクアで。きょうは屋外でなく、室内の窓側にした。

 

従業員の皆さんものんびり働いていて、こちらものんびりした気持ちになれて、ほんとに来てよかった。

 

f:id:much_too_romantic:20170305091219j:image

アクア朝食はその場で作ってくれるチーズたっぷりオムレツがおいしい。しかしその他のおれのチョイスはいまいちなようで、妻に「次からは自分のだけ取ってくればいいわよ。私のは自分で取るから」と言われてしょんぼりする。

 

そして、妻の英語はここまでサンキューとグッドモーニングしか聞いてないことに気づき、さらに、今日はまだ誕生日おめでとうとも言われてないことにも気づいて、哲学者のような気分になる。

 

今回新しく長女になった女の子からは、日付が変わった瞬間にハッピーバースデーのラインが届きました。ホテル内はどこでもWi-Fiが飛んでて、便利な世の中になりました。おれはもう寝てたけど。

セブ島 シャングリラ マクタン 旅行記その7

夜はオーシャンクラブ専用ラウンジでまたタダ飯、タダ酒を喰らう。

 

f:id:much_too_romantic:20170304224100j:image

サンミゲル美味しかった。いろいろ海外に行った経験では、ビールはご当地のものを飲むのが一番おいしい。つまみもおいしかった。妻とも今日はケンカせず、ダイソンとマキタの掃除機の違いについてふむふむと聞く。

 

f:id:much_too_romantic:20170304224303j:image

腹ごなしにおさんぽ。なんとなくベイスターズのBに似ているオーシャンクラブ専用プール。18時クローズなので夜は泳げない。

 

f:id:much_too_romantic:20170304224405j:image

R.E.M.のnightswimmingのように、21時までやってるプールで泳ぐつもりだったけど、飲みすぎたので写真だけ。敷地が広大で何もないな誰もいないな快適なスピードだったので、そこらへんの椅子に寝転んで妻とほげほげほげしていた。

 

f:id:much_too_romantic:20170304224642j:image

週末だからか、窓から見えるホテル、モーベンピックの屋外クラブのビートが部屋まで響いてきてけっこう気になる。花火も上がっていた。